別所哲也「人間には祭りが必要」 『東京・中国映画週間』で映画祭の進化を願う

オリコン

 今年で15回目の開催となった『東京・中国映画週間』の閉幕式・ゴールドクレイン賞受賞式が1日、都内で行われた。

【写真】黒のドレスで大人のきれいさを表現した桜庭ななみ

 本イベントは、きのう10月31日に開幕した東京国際映画祭の提携企画として27日から開催。日本の映画館にて中国を代表する新作12本が上映され、中国映画の優秀作品・映画人を表彰する「日中映画祭~ゴールドクレイン賞」は、観客のオンライン投票により選出された。

 プレゼンターとして登壇した桜庭ななみは流ちょうな中国語を披露し、会場からも拍手が送られ、その後「プレゼンターとしてご招待いただき、ありがとうございます。一日も早いコロナウイルスの終息と、今後の日中の映画の交流を通じて、ますますの発展をお祈りしています」と日本語でもあいさつした。

 続けてプレゼンターとして登場した別所哲也は、ショートショート フィルムフェスティバル&アジア(略称:SSFF&ASIA)の代表を務めることから「こうやって授賞式を迎えられることは感無量だと思います」と主催者に寄り添ったスピーチも。

 そして「人間には祭りが必要だと思っています。映画を通じた祭りがもっともっと華やかに進化していくこと。日本と中国が手を携えて、新しい映画の地平を開拓できること、世界に発信できることを願っています」と結んだ。

 また、日中合作アニメ『LALALACOCO』で声優を務めたAKB48の久保怜音、佐藤美波、鈴木くるみ、長友彩海、田口愛佳、西川怜がライブパフォーマンスを披露して、式典を盛り上げた。
■『ゴールドクレイン賞』受賞者・受賞作品一覧
・芸術貢献賞『京劇映画-大暴れ孫悟空』(ウー・チョンシェンプロデューサー)
・最優秀新人賞『リメイン・サイレント』(スン・ルイ)
・新鋭監督賞『ワイルドグラス』(シュー・ジャンション監督)
・最優秀主演女優賞『ワイルドグラス』(チョン・チューシー)
・最優秀主演男優賞『誤殺~迷える羊の向かう先~』(シャオ・ヤン)
・最優秀監督賞『香山の春1949』(ホアン・ジェンシン監督、ニン・ハイチャン監督)
・最優秀作品賞『ロスト・イン・ロシア』

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング