内川内野手、ソフトB退団を明言

共同通信

 現役最多の通算2171安打を誇るソフトバンクの内川聖一内野手(38)が1日、福岡県筑後市のタマホームスタジアム筑後で2軍戦に出場後「福岡ソフトバンクホークスのユニホームを着るのは最後になる」と退団を明言した。プロ20年目の今季は開幕前に不振に陥って1軍出場はなかったが、2軍で42試合に出場、打率3割2分7厘、1本塁打、17打点だった。

 「今年1軍でやって駄目だったらいつでも(引退)という気持ちだったが、このままでは終われない」と現役続行に強い意欲を示し「内川が必要だと言ってくれる球団が出てくれることを祈っている」と話した。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング