『内さまSECOND』シーズン6始動 “令和芸人”と本気の勝負

オリコン

 毎回ゲストを「司会者」として迎え、出演者である内村光良(56)とさまぁ~ずの大竹一樹(52)、三村マサカズ(53)を相手に、その場まかせの展開で送る脱力系成り行きバラエティー『内村さまぁ~ず SECOND』のシーズン6が、11月2日よりスタート。今回は前後編に分けて「芸人魂を懸けた本気勝負を挑む令和芸人はしご旅!!」と題して、MCにビビる大木を迎えて、内さまがぺこぱ、宮下草薙、ティモンディ、ゾフィー&ザ・マミィ、ハナコと対決する(後編は16日配信)。

【場面カット】新シーズン初回は、内さまが令和芸人たちと真剣勝負

 1組目のぺこぱは、おなじみの“ノリツッコまないボケ”で、流れてくるものにノリツッコまないボケを繰り出す「ボケベルトコンベアー対決」や、ボケ役が次々と繰り出すボケに対してツッコなまいツッコミで対処する「ボケクッキング対決」で勝負。大竹×シュウペイチームの「ボケクッキング対決」では、シュウペイの繰り出すボケに大竹がノリノリで一緒にボケるなど、内さまとぺこぱで時間の許す限りセンスあふれるボケを繰り広げた。

 2組目の宮下草薙は「ネガティブ写真大喜利」や、草薙のNG仕事の理由を面白回答する「やりたくない理由大喜利」で対決。本物のネガティブ草薙に、内さまは苦戦を強いられる。3組目のティモンディはお得意の野球で「ピッチング速球対決」や「あたかもファインプレー対決」。「昔はもっと動けたのに…」と嘆きながらも、内さまが見事に立ち向かっていく。

 4組目はゾフィー&ザ・マミィの2組と対決。「全ては腹話術に語らせろ対決」では、さまぁ~ずがコンビ間の愚痴を、腹話術人形を介して言い合い、「マミィ(マダム)で大喜利」では、内村がマダムたちから熱烈な支持を受けるなど、いつもと違った内さまの一面が垣間見られた。最終対決となったハナコとは、縛りを付けて食リポに挑戦する「縛り食リポ」と「リアクション芸」で対決。1日中令和芸人との対決を繰り広げて既に疲労困憊の内さまと、キングオブコントの王者でもあるハナコの両者一歩も譲らない演技力対決は必見だ。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング