ミュージカル 『スリル・ミー』来年4月上演決定 田代万里生×新納慎也ら3組6人のキャスト集結

オリコン

 ミュージカル『スリル・ミー』が2021年4月、東京芸術劇場シアターウエストにて上演することが決定。あわせて、俳優の田代万里生、新納慎也、成河、福士誠治、松岡広大、山崎大輝らの出演が発表された。

【写真】ミュージカル 『スリル・ミー』2011年に行われた日本初演の模様

 同作は、男2人とピアノ1台のみで繰り広げられる100分間という究極のミュージカル。1920年代、全米を震撼させた2人の天才による衝撃の事件を基にした究極の心理戦を描く。アメリカをはじめ、ロンドン・オーストラリア・ギリシャ・韓国など世界中を魅了した。日本では2011年の初演以降、演出の栗山民也氏の手で創り出された緊迫したその空間は、観る者を虜にし続けている。

 初演から10年を迎える2021年版では、3組6人のキャストが集結。1組目は、伝説の初演ペアである田代万里生(私役)、新納慎也(彼役)が復活。2組目は、2018年上演時に本作へ出演し、連日当日券を求め200人を超える観客が押し寄せた、成河(私役)、福士誠治(彼役)のペア。

 そして、10年の節目に演出の栗山民也によるオーディションで選ばれた、卓越した表現力を持つ松岡広大(私役)、一瞬で観る者を引き込む力を持つ山崎大輝(彼役)という次世代のフレッシュなペアが誕生した。

 チケット情報など、詳細は後日発表する。

■出演キャスト3組6人のコメント

【田代万里生】(私)
「これは究極の愛の物語だ」初演時の初めての本読み直前、台本を開く前に演出家の栗山民也さんが仰った言葉です。これまでに2011年初演、12年再演、12年再々演、14年再々再演を経て、田代万里生の本作への出演は今回で5度目となります。日本のオリジナルキャストとして参加したこの作品。初演から10周年というメモリアルイヤーに、再び怪優・新納慎也さんとコンビを組み、かつてない最高のスリルを求めていきます。

【新納慎也】(彼)
万里生とこの作品の日本初演を立ち上げました。たった100人の小さな劇場で。そして年齢的に作品を卒業することとなり、その後この作品が大きく有名になって行く様子を見ていました。大好きな我が子の成長を見守るように。まさか、またこの作品をこの役を演じる日が来るとは! オファーが来たときは冗談かと思いました(笑)

【成河】(私)
2018年に引き続き、今回も参加させて頂くことになりました。最愛の福士誠治と共に、前回やり残した部分をさらに掘り進めて、またあらたな発見をしていきたいと思います。暗いお話ですが、遠くから闇の正体を見つめることが、何か皆さまの生きる糧になればと思います。それに耐えうる、エネルギッシュな闇であろうと思います。よろしくお願いいたします。

【福士誠治】(彼)
今回また『スリル・ミー』という作品に参加出来ることになりました。自分の中で再演という形はあまり経験がなく、再び彼という人物を演じること、出会うことにとても興味を持っています。前回よりも深くそして新鮮に彼という人物と会話していきたいと思っています。そして何よりも、また成河くんとモノづくりが出来ることが楽しみでたまりません。新たな化学反応、新たな発見も楽しみたいと思います。みなさん、こんなご時世ですが、あの緊張感のある世界へ、是非浸りにいらしてください。

【松岡広大】(私)
「私」役で出演させて頂く事になりました、松岡広大です。 1920年代に実際に起こった、凶悪な伝説的犯罪を土台としている作品で、さらに全世界で上演、日本でも再演を重ねる作品に参加することが出来て、 とても光栄です。再演されるのであれば、必ず演じたかった作品であり役でした。舞台上には「私」と「彼」、ピアノ一台で繰り広げられ、どこにも逃げ場が無く、確実に役者の力量が試される空間でスリルでしかなく、心の底から楽しみです。この作品の残酷さにどう向き合うのか、 何がこの作品を欲する魅力なのか、 そして何を考えさせられるのか、 たくさん足掻きながら務めたいと思います。

【山崎大輝】(彼)
役者という仕事をしている中でこのような作品に出させていただけることを大変光栄に思います。ミュージカルで伴奏はピアノ1台、 そして2人芝居。 これがどれほど難しいことなのか、まだ計り知れません。この作品は世界中で沢山の方々が演じていらっしゃいますが、また新たなオリジナリティを見つけられるよう頑張りたいと思います。よろしくお願い致します。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング