定額制動画配信サービス満足度、Netflixが4年連続の首位 「オリジナル作品」への注目度が年々上昇

オリコン

 近年、大きく拡大している動画配信市場。デジタルコンテンツ協会が4月に発刊した『動画配信市場調査レポート2020』によると、2019年の推定市場規模は前年比126%の2770億円。その市場を大きくけん引しているのが「定額制動画配信」だ。普及拡大とともに各サービスの競争が激化するなか、顧客満足度調査を行うoricon MEは、今年で4回目となる定額制動画配信の満足度ランキングを発表。満足度総合1位には、今年日本でのローンチ5周年を迎えた【Netflix】(73.94点)が選ばれ、4年連続での首位獲得となった。

【一覧表】あなたが利用するサービスは何位?「定額制動画配信」ランキング

 同調査は、「現在サービスを利用しており、2ヶ月以上継続登録している」「自身のアカウントで利用していて、かつ料金を把握している」という、2つの条件を満たす人(18~84歳の7687人)を対象に、利用するサービスについて回答を得たもの。サービスの定義については、(1)料金体系としてサブスクリプション方式を採用している、(2)ユーザー投稿コンテンツを含んでいない、(3)ストリーミング動画コンテンツを含んでいる、(4)アダルトのみ、ギャンブルのみ、もしくはその両方のコンテンツのみを扱うサービスでない、という条件をすべて満たすものとし、今回は該当する25社について調査を行った。

 ランキングを構成する評価項目は、「手続きのしやすさ」「会員向けサービス」「サイト/アプリの使いやすさ」「動画の見やすさ」「コンテンツの充実さ」「コストパフォーマンス」の6つで、これらは全16の設問から形成。なお、ランキングは「満足度総合」「評価項目別」のほか、3つの部門別(「男女別」「年代別」「ジャンル別」)の結果も発表している。

◆総合1位のNetflix、昨年に続き豊富なオリジナルコンテンツで魅了

 今年9月に、日本での有料会員数が500万人を突破(昨年比約200万人増)した【Netflix】。評価項目別ランキングでは、「動画の見やすさ」(77.18点)、「手続きのしやすさ」(75.85点)、「コストパフォーマンス」(75.18点)、「サイト/アプリの使いやすさ」(72.90点)、「コンテンツの充実さ」(72.66点)と、全6項目のうち5項目で首位となり、高いシェアとともにサービスの良質さを改めて証明する結果となっている。

 また、注目したいのが部門別の「ジャンル別」ランキング。市場での競争が激化し、他サービスとの差別化を図るうえで「コンテンツの質」がより重要度を増すなか、Netflixは全12部門中、「洋画」(72.38点)、「海外ドラマ」(74.91点)、「バラエティ」(72.95点)、「ドキュメンタリー」(72.25点)、「音楽」(72.34点)、「オリジナルコンテンツ」(77.45点)の6部門で1位を獲得した。とくに高いポイントを得たのは、「オリジナルコンテンツ」。昨年は、山田孝之主演の『全裸監督』が日本だけでなく海外でも大きな話題を呼んだが、今年も嵐の活動休止までの日々を描き出すドキュメンタリー『ARASHI's Diary -Voyage-』や、韓国ドラマの『愛の不時着』、『梨泰院クラス』など、多数のNetflixオリジナルシリーズ作品が世間の注目を集めた。 「オリジナルコンテンツ」に対してユーザーがどのような認識を持っているのか、同社が行った意識調査によると「入会の決め手にもなる1つのコンテンツ」、「その作品のためにお金を払ってもいいくらいのコンテンツ」、「話題にしたいコンテンツ」、「期待しているコンテンツ」と回答する人は年々増加傾向に(グラフ1)。とくに「入会の決め手にもなる~」(18年:23.3%→19年:24.5%→20年29.1%)と「期待している~」(18年:22.7%→19年:25.7%→20年:29.8%)は、ともに3割に迫り、オリジナルコンテンツへの注目度の高さがうかがえる。

 Netflix利用者からは、「独自の映像コンテンツが素晴らしく、興味深いものが多く満足しています」(10代・男性)、「オリジナルコンテンツの質が非常に高い」(40代・男性)というように、独自コンテンツについて言及するコメントが散見され、立て続けにオリジナルのヒット作を生み出していることが高い満足度の実現に結び付いている様子を感じさせた。

◆2位「Amazonプライム・ビデオ」は利便性の高さもポイント、続く3位は

 満足度総合2位には、【Amazonプライム・ビデオ】(72.42点)、3位には【Hulu】(71.54点)がランクイン。Amazonプライム・ビデオは、月額500円で「Amazonプライム会員」になれば特典として会員対象の映画やドラマ、アニメ、『バチェラー・ジャパン』や『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』などのオリジナルコンテンツが見放題になるというところが他のサービスと異なるポイントの1つで、評価項目別ランキング「会員向けサービス」(70.20点)ではNo.1の評価を獲得。

 日本テレビグループのHJホールディングスが運営するHuluは、豊富なラインアップに加え、日テレ系の地上波ドラマと連動した“番外編ストーリー”の配信を行うなど、同社ならではのアプローチを展開。「『あなたの番です』の番外編が見たくて加入したのですが、自分の好みのドラマや映画がたくさんあって楽しませてもらっています」(40代・女性)というように、ユーザーコメントからはそれらが総合的に評価されている様子がうかがえた。

◆「国内ドラマ」1位はParavi、ジャンル別では各サービスの“強み”が評価に直結する結果に

 そのほか、部門別「ジャンル別」ランキングでは、それぞれのサービスの“強みや魅力”が利用者からも高評価を得る結果に。

 たとえば、「国内ドラマ」部門で1位となったのは、TBSホールディングス、テレビ東京ホールディングス、WOWOWら、放送事業者を含む6社共同で設立したプレミアム・プラットフォーム・ジャパンが運営する【Paravi】(74.25点)。前述した3つの放送事業者はドラマ作品の質の高さに定評があり、この上半期も『半沢直樹』や『恋はつづくよどこまでも』、『私の家政夫ナギサさん』、『きょうの猫村さん』、『捨ててよ、安達さん』など、多くのドラマが話題を集めた。

 テレビ放送直後にオンデマンド配信するキャッチアップ配信(見逃し配信)が行われたり、作品によってはディレクターズカット版や番外編が配信されたり、新作ドラマを存分に楽しむことができる点が評価されているほか、「『(3年B組)金八先生』や『渡る世間は鬼ばかり』など、数々の作品を毎月更新いただき本当に満足」(20代・女性)というように、過去の作品まで網羅している点を支持する声もあった。

「韓国ドラマ」部門1位は【U-NEXT】(73.01点)。18万本と国内No.1の見放題作品本数(2020年5月1日時点/※GEM Partners調べ)を誇る同社では、「韓流・アジアドラマ」のラインアップも強化しており、ユーザーからも「韓国ドラマの充実ぶりが、ほかのサイトより群を抜いている」(50代・女性)とのコメントが多数。ほかにも、「アニメ」部門は、新作から過去のアニメ作品まで視聴できる【dアニメストア】(78.92点)。「スポーツ」部門は、野球やサッカー、テニスなどあらゆる国内外のスポーツをライブ中継・見逃し配信で楽しむことができる【DAZN】(83.32点)が首位を獲得するなど、各サービスの個性がしっかりと利用者の満足に結びついている様子がうかがえた。

 海外では昨年から今年にかけて、アップル(Apple TV+)、ウォルト・ディズニー・カンパニー(Disney+)、ワーナーメディア(HBO Max)、NBCユニバーサル(Peacock)といった大企業が動画配信サービスに参入。「Apple TV+」と「Disney+」は日本でもサービスを開始し、「Disney+」(日本ではウォルト・ディズニー・ジャパンが運営)は今回、部門別の男女別「女性」ランキングで1位(76.09点)に選ばれるなど、新たな動きも見られている。

 コロナ禍による生活様式の変化も相まって、これまで以上の成長率が期待される動画配信市場において、今後どのようなサービスが登場し、利用者の支持を得ていくのか。今後も注視していきたい。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング