集客アップへ時間差作戦

 経済活動の低迷による収入減やファンの高齢化などの影響で、公営ギャンブルの売り上げ減少に歯止めがかからない状況だ。その流れを打開しようと、全国に先がけて福岡県内のレース場が動いた。今までレースをやっていない時間帯に注目し、生まれたのが芦屋ボート場(福岡県芦屋町)のモーニングレースと小倉競輪場(北九州市小倉北区)のミッドナイトレースだ。早朝、深夜のファンを開拓する全国初の試み。スタート直後は売り上げも快調だったが、追随する場も出てきた。生き残りにかける動きを探った。 (森田祐樹)

集客アップへ時間差作戦 紙面はこちら

=2011/9/21付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ