岡村隆史、即席結婚会見に大照れ「幸せ?」に「そうですね」 新婚生活の楽しみは手料理

オリコン

 お笑いコンビ・ナインティナインが3日、都内で行われたサバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』概要発表会見に国民代表プロデューサーとして登壇。岡村隆史(50)が結婚発表後初の公の場に登場した。

【写真】帰ろうとする岡村隆史を引き止める矢部浩之

 会見が終了し、降壇する際に報道陣から祝福の声を掛けられると岡村は「ありがとうございます」と笑顔。次のアローン会卒業メンバーについては「もう退会してしまったので、わからないです」とにっこり。新婚生活について問われると「まだ、一緒に住んでいないので」とはにかむと「こんなに聞くんですか?」と大照れした。

 幸せですかと問われると「そうですね」と頬を緩め、新婚生活で楽しみなことについては「食事を作っていただきくことですかね。楽しみにしています」と思い描いた。ファンにメッセージを求められると「結婚させていただきました。引き続き、お仕事をがんばりますので、よろしくお願いいたします」と話すと、周囲から暖かい拍手が巻き起こった。

 そして、ステージから去ろうとすると矢部が「もういいですか?」とニヤリ。岡村の結婚相手とは会っていないことを明かしながらも「コンビなんで」とご祝儀はしっかり渡したという。最後は「今のコメント、一切面白いことを言っていない」とイジり、岡村が「もうちょっとコメントを勉強します」と爆笑即席結婚会見の幕が下りた。

 岡村は先月22日深夜放送のニッポン放送『ナインティナインのオールナイトニッポン(ANN)』で電撃婚を発表。同29日放送の日本テレビ系バラエティー『ぐるぐるナインティナイン』では相方の矢部浩之(49)から「改めて、ご結婚おめでとうございます」と祝福され、岡村は「みなさん、ご報告遅れましたが、私岡村隆史、結婚させていただきました。ありがとうございます!」と感謝していた。

 日プ、日本版プデュとも呼ばれる『PRODUCE 101 JAPAN』は、視聴者がボーイズ/ガールズグループのデビューメンバーを投票で決める韓国の音楽専門チャンネルMnetの人気オーディション番組『PRODUCE 101』の日本版。第1弾では、選ばれた11人が、グローバルボーイズグループのJO1としてデビューした。

 『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』のテーマは「Let Me Fly-君の想いがツバサになる-」。応募資格は、今年12月6日時点で、義務教育を終了している満15歳以上から27歳以下の男性で、日本在住、応募時点で他のプロダクションに所属、契約していない人。オーディション合格後の来年2月から6月ごろに行われるトレーニング合宿に参加可能な人となっている。応募期間は、あす4日から12月6日まで。応募フォームから応募できる。

 会見では、矢部が「まずは国民代表プロデューサーのオーディションに合格してホッとしています」と小ボケをはさみ、岡村は「全力で練習生の皆さんをサポートさせていただきます」と力強く語った。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング