『銀魂』新作アニメ特別編、来年1・15配信決定 「dTV」で独占配信

オリコン

 人気アニメ『銀魂』の新作アニメ特別編が、映像配信サービス「dTV」で2021年1月15日に独占配信されることが決定した。

【映画の予告映像】冒頭から銀さん登場!映画特典「転売すんなよ!」と呼びかけ

 昨年6月20日に3度の完結の告知、最終話の配信延期など紆余曲折を経て、約15年半の歴史に幕を下ろした漫画『銀魂』。新作映画『銀魂 THE FINAL』(2021年1月8日公開)の公開も控えるが、今回の新作アニメ特別編のアニメーション制作はBN Picturesが担当する。

 2003年12月8日から『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載がスタートした『銀魂』は、架空の江戸を舞台に「天人」と呼ばれる異星人らによって支配される世界で、甘党&無鉄砲な侍・坂田銀時が、新八・神楽ら仲間たちとともにさまざまな事件を解決する活劇物語。SF時代劇の世界観でコメディータッチに描かれており、コミックスの累計発行部数は5550万部を突破している。

 06年4月からテレビ東京系でアニメを放送開始し、11年4月~12年3月まで第2期、15年4月から2016年3月まで第3期、18年1月から10月まで第4期を放送。俳優・小栗旬主演で実写映画『銀魂』が17年に公開され、その年の邦画No.1となる興行収入38億円を突破し、続編となる『銀魂2 掟は破るためにこそある』も公開。劇場版アニメもこれまで2作品公開されている。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング