ビビる大木のトークライブに有吉&徳井が生登場 “ほぼ同期”の3人で仕事論

オリコン

 お笑い芸人のビビる大木が3日に、東京・有楽町のニッポン放送ラジオブースで芸能生活丸25年記念トークライブ配信『祝25年 第1回ビビる大木ジャンボリー』を開催。“広い意味での”「同世代芸人」として有吉弘行、中京テレビの情報バラエティー『前略、大徳さん』(現在は『前略、大とくさん』)で長年共演してきた徳井義実(チュートリアル)が生登場を果たした。

【集合ショット】天野会のメンバーがビビる大木を祝福

 有吉と徳井をゲストに迎えて「きょうくらいはビビる大木を褒めてよ」とのコーナーを実施。有吉が「同世代の中で、一番大人の仕事をしていたからさ。いつも半歩先を行っている気がするよ。プロレスができる、お笑いができるのは大木だなって思っているの」と切り出し、賛辞を送る展開に、大木は「アリ(有吉の愛称)は、何を企んでいるの?」と疑心暗鬼に。徳井が「場の自分のわきまえ力がすごいですよね」と話し、その後は“ほぼ同期”の3人で仕事論を展開していった。

 真面目なトークの中にも、3人の関係性ならではのエピソードも次々と飛び出し、有吉が大木に「やっぱり異常だよ、お前は」と笑いながらツッコミを入れる一幕も。徳井が「うれしかったんです。呼んでもらえて」とかみしめるように語ると、大木も「さすがに来てもらえないかなと思っていたんだけど、同世代のトップランナーだから来てほしいなって…」と感慨深げ。有吉は「配信なんてやらないから恥ずかしいよ」と口にするなど、和やかなムードの中でトークが繰り広げられていった。

 同トークライブは『進め!電波少年』『笑う犬の冒険』『トリビアの泉』など、数々のバラエティー番組に出演してきた大木が、25年の芸能生活をまとめた年表を元に振り返りながら、当時の裏話や知られざる逸話を語り尽くす内容となり、25年を祝うべく豪華ゲストが登場する。

 芸能界一の草食系軍団「天野会」から天野ひろゆき(キャイ~ン)、井森美幸、矢部太郎(カラテカ)に加えて、妻のAKINAも登場し、夫婦初共演が実現。さらに、長年の付き合いがある堀内健(ネプチューン)も出演を果たすなど、豪華なラインナップがそろう形となった。

 チケットは、ZAIKOで6日の午後7時まで発売。アーカイブ視聴は6日までとなっている。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング