アニメ『怪物事変』来年1・10放送開始 主題歌OPは小野大輔、EDは佐咲紗花

オリコン

 テレビアニメ『怪物事変』が、2021年1月10よりTOKYO MXなどで放送されることが発表された。あわせて主題歌情報も公開され、オープニングは小野大輔の「ケモノミチ」、エンディングは佐咲紗花の「-標-」に決定した。

【画像】期待高まる!先行公開された『怪物事変』の場面カット

 コメントも公開となり、小野大輔は「誰もが皆孤独の中で生きている。真っ暗なケモノミチをひたすら走っている。その先には必ず希望の光が待っている。作品の中で夏羽が隠神探偵事務所へと導かれていくように、闇の中に一筋の光を感じられるような楽曲になればと心を込めました」と曲に込めた想いを熱弁。

 佐咲紗花も「今回は各話を観終わって心をスッと浄化させる・リセットさせるEDではなく、次の週まで頭の中が夏羽たちでいっぱいになるような、心に引っかかりや渇望感を残すようなED を目指して制作しました」と伝えた。

 『怪物事変』は、『ジャンプSQ.』で連載中の同名漫画が原作で、人間(ヒト)と怪物(ケモノ)の間に生まれた半妖の少年の数奇な物語。古来よりこの世に潜み、人に見つからないように人と関わり合って生きる“怪物”(けもの)が、現代では人と必要以上に深く関わろうとし、子どもを作るケースが報告されるようになった。そんな中、東京で怪物専門の探偵をしている隠神(いぬがみ)は、動物の変死事件が起きている田舎の村に呼ばれて訪れると、そこで一人の少年と出会う。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング