“お笑い中間管理職”ビビる大木、25年の集大成 天野会、有吉&徳井、ホリケンと生トーク

オリコン

 お笑い芸人のビビる大木が3日に、東京・有楽町のニッポン放送ラジオブースで芸能生活丸25年記念トークライブ配信『祝25年 第1回ビビる大木ジャンボリー』を開催。自身の芸能生活を年表とトークで振り返っていくコーナー、豪華ゲストの登場など、盛りだくさんの内容で3時間半のライブを盛り上げた。

【イベント写真】大木の自分史、豪華ゲストなどが次々登場

 同トークライブは『進め!電波少年』『笑う犬の冒険』『トリビアの泉』など、数々のバラエティー番組に出演してきた大木が、25年の芸能生活をまとめた年表を元に振り返りながら、当時の裏話や知られざる逸話を語り尽くす内容。貴重なコンビ時代のネタ「水くれよ」をはじめ、当時の映像が公開され、自身の芸風を決めた大けが、『笑う犬の冒険』時代の「全力で笑いを生む」撮影現場での秘話など、大木の目線から見たお笑い史、バラエティー史が展開された。

 その後は、大木の25年を祝うべく豪華ゲストが登場。お酒一切なしのホームパーティを開く、芸能界一の草食系軍団「天野会」から天野ひろゆき(キャイ~ン)、井森美幸、矢部太郎(カラテカ)に加えて、妻のAKINAが登場。大木と夫婦初共演を果たした。貴重な2ショット実現で、天野から結婚までのなれそめについて向けられたAKINAは、天野会の中で大木と結婚するかもしれないと感じた瞬間があったと告白。となりで大木は恥ずかしそうに聞きながら、当時の心境やエピソードを語った。

 その後、“広い意味での”「同世代芸人」として有吉弘行、中京テレビの情報バラエティー『前略、大徳さん』(現在は『前略、大とくさん』)で長年共演してきた徳井義実(チュートリアル)が生登場。有吉と徳井をゲストに迎えて「きょうくらいはビビる大木を褒めてよ」とのコーナーを実施。有吉が「同世代の中で、一番大人の仕事をしていたからさ。いつも半歩先を行っている気がするよ。プロレスができる、お笑いができるのは大木だなって思っているの」と切り出し、賛辞を送る展開に、大木は「アリ(有吉の愛称)は、何を企んでいるの?」と疑心暗鬼に。徳井が「場の自分のわきまえ力がすごいですよね」と話し、その後は“ほぼ同期”の3人で仕事論を展開していった。

 その後、堀内健(ネプチューン)もなだれ込み、4人での豪華トークが実現。有吉と徳井の出演パートが終了すると、大木と堀内によるトークとなったが、ラジオブースの電話が急に鳴り響き、大木が取ると、松任谷由実が「25周年おめでとう。一応おめでたいですから」と電話で生祝福。大木が「まさかサプライズテレフォンでユーミン先輩から」と驚きを語る中、ユーミンは大木との出会いについて「ニッポン放送の番組に来てくれて、まだコンビだったよね。ホリケンだって、ネプチューンで来てくれたよね」と明かすと、その後は堀内が繰り出す“ななめ上の質問”に、ユーミンがしっかり答える流れとなり、大木がたまらず「もう、わかりましたから…」と嘆くなど、貴重な時間が続いた。

 チケットは、ZAIKOで6日の午後7時まで発売。アーカイブ視聴は6日までとなっている。3時間半超におよぶ生配信を終えた直後の大木にインタビューを行った。

――まずは、3時間半超におよぶ長丁場を終えての感想を聞かせてください。

なんでしょうね(笑)。自分ごときの祭りにいろんな人に来てもらって。やってよかったなと思いますね。バラエティーにずっと出ていると、意外と、ミュージシャンの方みたいに周年のイベントってないんですよ。淡々と過ぎていくっていう感じなので、だったら、ちょうど25周年ということだったので、ちょっと思い切ってやってみて、お世話になった人に声をかけてみようということでやってみました。生配信で、当然出演料も含めて、きょうのメンバーを普通にそろえたら、僕破産ですから(笑)。大木の祭りだからとご協力いただいて、アリと徳井くんと同世代の3人で話せるという時間も初めてだったのでうれしかったです。

――AKINAさんと夫婦初共演となりましたが?

ちょっと、ウチのワイフが緊張していましたね(笑)。家では「私が仕切っちゃうからね」とか、前のめりなこと言っていたんですけど、井森美幸さん、天野ひろゆきさん、矢部太郎ちゃんを前にしたら緊張していましたね。本人もトークだけの生配信ってやったことなかったみたいで、緊張していました。

――ラジオブースでの生配信について

映像はあるけど、ニッポン放送ということもあって、ラジオ感覚がありながら“見えるラジオ”みたいな雰囲気だったのでやりやすかったですね。アリも「人前は得意じゃない」って言っていましたけど、生配信ということで、お客さんがいるわけではないので、なんかしっぽり話せる貴重な空間になったので、ラジオ局をお借りしてよかったなと感じました。

――コンビ時代の映像も流れ、2日放送のニッポン放送『ナイツ・ザ・ラジオショー』(放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる)でも話題になったネタ「水くれよ」の映像もありましたね。

「水くれよ」をやっていた時は、まだファンがいたんですよ(笑)。あの頃はネタが好きだと言ってくれている人たちがいたのでね。その人たちも僕と一緒に20数年が経っているということなので、みんなママやパパになっていると思うので、そんな人たちも見てくれていたらうれしいですね。「この曲を聞いたのは、あの時だったな」みたいに、曲を通じて自分の青春時代を思い出すことがあっても、コントで思い出すってあんまり聞かないじゃないですか。ちょっとそんな気持ちにもなっていただけたらうれしいですね。

我ながらコンビ時代は、ああいうのが面白いと思ってメモしていたなと思い出しますね。今46歳ですけど、20代の時のメモを思い返すと、今の発想では出てこないなとかいうのもあるんですよ。こんなこと書いていたっけとか。その歳じゃないと思い浮かばないことがあると思うので、その時の年齢の自分でメモをしておくっていうのをやっておくと、歳を重ねた時に楽しいんじゃないかなと思いますね。自分の仕事の年表を作らせてもらって整理ができるというね。職種関係なく、自分史みたいなのを作ると、まったく気づかなかったけど、このときが転機だったんだなとか、自分で発見できるので、おすすめです。

――これまでの自分史を振り返ったことでの発見などはありましたか?

僕なんか25年なんですけど、30年・40年・50年っていう人がどんどんいるんですよ。そういう人たちって「勝新太郎さんが…」とか、出てくる話題のスケールが違うんですよね。オレたちじゃ太刀打ちできないんですけど、自分たちの世代も昔の話を面白おかしく伝えていくっていうのがあってもいいなと思いまして。振り返ってみると、その時にその年齢で出られてなかったら会えていない大先輩がいっぱいいて。立川談志師匠とか渡哲也さんって、普通だったらお会いできないじゃないですか。それが全部、血となり肉となり、ネタとなるということを改めて感じました。

なんだか不思議なもんですよ。心のどこかであるじゃないですか。オレが25周年っていってお祝いしても、本当に面白くなるんだろうかっていうのがありましたから。人に笑ってもらえるような事件あったかなと探しましたもんね。そういった時に整理できて面白かったですね。本番以外で何かなかったかなと探しましたね。

――25周年という節目を迎えて、現役でありながら、若手芸人の方々をつなぐ役割というものも求められてきているかと思いますが、現在のご自身の立ち位置についてどのように考えていらっしゃるのでしょうか。

まさに、本当に“お笑い中間管理職”っていう感じですよね。(2004年スタートの)『報道ステーション』をやる直前で、もうバラエティーは出られなくなるっていう時、古舘伊知郎さんから「大木さんはお笑い中間管理職なんだから、カンペを見てしゃべるんじゃないよ。次に古舘伊知郎に聞く質問はこれだっていうのが出ているから、それを読んでいるでしょう。そんなの読まなくていいんだよ」って言われたことがあったんです。その時、僕は30代くらいですよね、そこから10年以上経っているのに、役職が今も変わってないんですよね(笑)。

やっぱり、芸能界は定年がないので、先輩がずっといらっしゃるんですよ。今回のライブについて、テレビやラジオで告知をさせていただいたんですけど、行く先々が先輩だらけで「25年もやっているんだー」っていう盛り上がりがないんですね(笑)。「オレは55年やっているぞ」という方が出てきて、このライブなんなんだ、25年でやっていいのかという悩みもありましたよ(笑)。

――今後については、どのように考えていらっしゃいますか?

アリも「30年まで待てなかったのかよ」って言っていましたけど、シビアな話、5年後何をしているかわからない時代じゃないですか。だから、やれる時にやれることをやっておこうと思ってやったので、先のことなんて「30年の節目でもう1回」とか考えられないですね。きょうは11月3日ですけど、今年の仕事納めみたいな感覚で(笑)、あすが大みそかくらいの気持ちで、きょうにかけていました。特に今年1年、コロナで何もなかったのでね。なんかみんなが、家で寝っ転がりながら見てくれていたらいいなという思いでやりました。

――アーカイブが6日まで配信されていますので、これから視聴する方へのメッセージをお願いします。

真面目な話「ビビる大木の話を3時間半も聞けるのか?」と思っていらっしゃる方もいると思うんです。ただ、今回の生配信は見ていただくとわかりますけど、どの人も予想できない展開のものがあります。「大木、まとめようとしているな」とか「自分のライブなのに一生懸命気を使っているな」とかを感じていただいて(笑)、大木はこうやって25年間、芸能界を生き抜いてきたのかなっていうのが感じ取ってもらえる3時間40分になっていると思うので、そういったところも、働いている方々の参考になればなと思っております。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング