『監察医 朝顔』初回平均13.8%の好発進 前作平均を上回る

オリコン

 女優の上野樹里が主演するフジテレビ系“月9”ドラマ『監察医 朝顔』(第2シーズン)第1話が2日、30分拡大で放送され、初回平均視聴率が13.8%(世帯)、8.0%(個人)だったことがわかった。2019年夏クール放送の連続ドラマでトップを獲得した、第1シーズンの全11話平均12.6%を上回る数字となった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

【集合ショット】上野樹里&風間俊介など“月9”ドラマ『監察医 朝顔』出演者が勢ぞろい!

 今作は月9ドラマ“33年の歴史”において、初めて2クール連続放送。2019年7月から放送された第1シーズンと同様に、各話において主人公で法医学者の万木朝顔(上野)と、父でベテラン刑事の万木平(時任三郎)たちが、かたや解剖、かたや捜査により、さまざまな事件と遺体に相対していく。同時に前作よりも深く、東日本大震災と母の死に朝顔が向き合う。父娘と、その周囲の人々のかけがえのない日々を2クールにわたって、四季の移ろいとともに丁寧に描いていく。

 第1話では朝顔がいつものように興雲大学へと向かうとその途中で、立体歩道橋で発生した群衆雪崩の事故現場に遭遇。大きなイベントが予定されていた近くのスタジアムで突然火災報知器が作動し、逃げようとしてパニックになった人々が立体歩道橋に殺到したために起きた事故だった。

 朝顔が興雲大学へと急ぐと、法医学教室では安岡光子(志田未来)、高橋涼介(中尾明慶)、藤堂絵美(平岩紙)、藤堂雅史(板尾創路)らもテレビのニュースで群衆雪崩の現場映像を見ていた。20名が病院に搬送され、うち死者4名、意識不明の重体1名の大参事だった。主任教授の夏目茶子(山口智子)は海外出張で不在だったが、法医学教室にはすぐに解剖の依頼が入る。同じころ、平は、野毛山署強行犯係の森本琢磨(森本慎太郎)や山倉伸彦(戸次重幸)ら同僚や、県警の桑原、検視官の丸屋大作(杉本哲太)らと連携して、事故の原因を調べ始め…。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング