ぺこぱ・松陰寺 大ファンの千葉ロッテ“レジェンド”初芝清とドラマ共演「最高の時間でした!」

オリコン

 お笑いコンビ・ぺこぱが、5日放送の日本テレビ系バラエティー『THE突破ファイル』(後7:00)に出演。再現ドラマ「伝説の看板」では、ゲストに元千葉ロッテマリーンズでプロ野球解説者の初芝清氏が登場し、大のロッテファンである松陰寺太勇が熱演を見せる。

【番組カット】初芝清とシュウペイの2ショット

 近年、数々の経営改善の取り組みを行い注目されている千葉ロッテが、今季に実際に行ったファンサービスの誕生秘話をドラマ化。ぺこぱのシュウペイが、千葉ロッテの本拠地・ZOZOマリンスタジアムの球場スタッフに、初芝氏が先輩スタッフに扮して、コロナ禍という逆境を逆手に取った“突破劇”を繰り広げる。松陰寺が演じるのは、人気シリーズ「突破交番」でおなじみの松陰寺巡査で、千葉ロッテが好きすぎて、パトロール中につい球場まで足を運んでしまうという、虚実が入り混じった設定で登場する。

 撮影後、松陰寺は「初芝さんと共演させていただけて、非常にうれしかったです! マリーンズファンとしては最高です!」と大喜び。現役時代“ミスター・ロッテ”とうたわれた初芝氏との共演を「演技しているというよりは、あの初芝さんが目の前にいる、という不思議な感覚でした」と振り返った。撮影の合間には、初芝氏からバッティングフォームを見てもらったそうで「自分のバッティングの悪いところを教えていただいて、大変勉強になりました。最高の時間でした!」と感無量の様子だった。

 今月14日より開催されるパ・リーグのクライマックスシリーズに向けて、し烈な2位争いを繰り広げている千葉ロッテだが、松陰寺は「何よりも、コロナ禍の中でペナントレースが始まったことがうれしかった。このまま最後まで無事に進んでくれることを願っています」とエールを送った。

 生まれて初めての演技を披露した初芝氏は「緊張しすぎてセリフが全く頭に入ってこなかった。野球の方が楽です!(笑)」と言いながらも「撮影は、ぺこぱのお2人にリードしてもらって楽しかったです」と感謝。今回初対面となったぺこぱの印象については「お2人とも、とても気さくで温かい方たちだと感じました」と打ち明け、松陰寺がマリーンズファンだということは以前から知っていたそうで「自分は引退していますが、ファンだと言ってもらえると、やはりうれしいものです」と笑顔を浮かべていた。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング