田沢ルール、独禁法調査打ち切り

共同通信

 公正取引委員会は5日、日本のドラフト指名を拒否して外国のプロリーグでプレーした選手とは一定期間契約できないとするプロ野球の「田沢ルール」を巡り、独禁法違反(共同の取引拒絶)の疑いで日本野球機構(NPB)内の「日本プロ野球組織」を調査した結果、NPB側がルールを撤廃したため、調査を打ち切ったと公表した。

 同ルールは米大リーグ、レッドソックスなどで活躍した田沢純一投手が2008年に大リーグ挑戦を表明した際に取り決められた申し合わせ。それぞれ帰国から高校生の場合は3年、大学生と社会人の場合は2年、プロ野球12球団との契約が禁じられていた。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング