【東京国際映画祭】門脇麦、多くの視点を持つ大切さ語る「人はどうしてもカテゴライズしてしまう」

オリコン

 女優の門脇麦、水原希子、俳優の高良健吾が5日、都内で開催中の『第33回東京国際映画祭』(TIFF)内で行われた映画『あのこは貴族』(2021年2月26日公開)の舞台あいさつに登壇した。

【写真】背中が大胆に開いたドレスを身にまとった水原希子

 東京に生まれ、何不自由なく成長した華子(門脇)は、ハンサムで良家の生まれである弁護士・幸一郎(高良)と出会い結婚が決まる。一方、東京で働く美紀(水原)は、猛勉強の末に名門大学に入学するも、学費が払えず退学。いまの仕事にやりがいを感じられず、都会にしがみつく意味を見いだせずにいた。そして、幸一郎と美紀が大学の同期だったことから、別世界で生きていた華子と出会うことになる。2人の女声の人生が交錯したとき、それぞれに思いもよらぬ世界が開いていく。

 本作を通して伝えたいことを聞かれた門脇は「人はどうしても自ずと自分をカテゴライズしてしまうことが無意識のうちにあると思うんです」といい、「少し角度を変えてみたり、新しい出会いがあるとパッと視界が広かったり、新しい自分が開ける。もっと自分のことが好きになれるようなことが、たくさん散りばめられている」といろいろな視点で物ごとを見ることや、多くの人との出会いの大切さを語った。

 門脇と水原の共演シーンはあまり多くなかったというが、水原は「とても魅力的で麦ちゃんはかっこいいなと思いました。お互い違う世界で生きているけれど、交わった瞬間の美しさを感じられました」と目を輝かせた。対する門脇も「前半は華子。後半は美紀で違う映画みたいでした。希子ちゃんもすごく軽やかな方で、演じる美紀もかっこよくてすてきでした」と称え合っていた。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング