横浜流星、刺激強めな幻シーンで反省 吉高由里子がフォロー「かわいいじゃないですか」

オリコン

 女優の吉高由里子、俳優の横浜流星が5日、都内で行われた映画『きみの瞳(め)が問いかけている』大ヒット御礼イベントに登場。事前にSNSで募った質問から「泣く泣くカットされたシーンは?」との質問が寄せられると、三木孝浩監督が「ベッドルームはちょっと刺激が強かったから…」と切り出した。

【動画】横浜流星、ベッドルームのシーンカットは「おれのせい?」

 吉高が演じるのは、不慮の事故で視力と家族を同時に失う悲劇に見舞われながらも、小さな楽しみを糧に明るく健気に懸命に生きようとする明香里。横浜は、かつて将来を有望視されていたキックボクサーだったが、過去の事件で心を閉ざし、現在は日雇いバイトで食いつなぐ無口な青年・篠崎塁を演じている。

 泣く泣くカットされた、ベッドルームでのシーンについて、三木監督が横浜に「あんまり、そういうシーンの経験がないと思うので、ちょっとボタンを外すの手間取ったかな?」と笑顔で指摘。横浜が「(カットされたのは)オレのせいかもしれない。尺食ったから」と反省すると、吉高はすかさず「かわいいじゃないですか(笑)。スンって外された方が嫌だよ」とフォローを入れた。

 2人が浜辺ではしゃいでいるシーンの裏側については、吉高が「私は絶対に濡れたくなかったのに(横浜演じる)塁が、私を大海原に運ぼうとして…」と回顧。横浜が「海を感じさせてあげたかった。僕の靴はぐちゃぐちゃで、ズボンも濡れていました」とさわやかに話すと、吉高は「私は『覚えておけよ』と思っていたんですけどね(笑)。巻き添えだよって」と笑いながらツッコミを入れるなど、仲の良さを感じさせるトークが展開された。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング