『平穏世代の韋駄天達』ノイタミナで来年7月放送開始 制作はMAPPA

オリコン

 『ヤングアニマル』(白泉社)で連載中の漫画『平穏世代の韋駄天達』が、2021年7月よりフジテレビの“ノイタミナ”枠で放送されることが決定した。あわせてティザービジュアルとPVなども公開され、アニメーション制作は『呪術廻戦』『ドロヘドロ』『どろろ』などで知られるMAPPAが担当する。

【画像】過激過ぎで閲覧注意…『平穏世代の韋駄天達』のティザーポスター

 ティザービジュアルは、脳筋タイプの直情型韋駄天(いだてん)“ハヤト”が退屈そうにあくびをしながら伸びをしており、ハヤトの後ろでは頭脳戦で戦いを支配する韋駄天“イースリイ”が数多く積まれた本を楽しそうに読む姿などが描かれている。

 ティザーPVは、初公開となるアニメーションカットが使われており、シリアスな雰囲気のハヤトからスタートし、「封印された“魔族”」「800年続いた“平穏”」「“新世代の韋駄天達”」というキーワードを経て、さまざまなキャラクターたちの様子を見ることができる。

 同作は、“韋駄天”ד魔族”ד人類”と、何が起こるか誰にもわからない禁断のバトルロワイアルを描いたストーリー。壮絶な戦いの末、圧倒的な速さと強さを誇る戦いの神々「韋駄天」が、世界を破滅に導く「魔族」を封じ込めてから800年。今や“あの戦い”は遠い神話の中の昔話でしかなかった。そんな中、生まれてから一度も戦ったことのない「平穏世代の韋駄天達」が平和ボケしている中で、何者かにより、再び魔族が長い眠りから復活する…。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング