神木隆之介“初めての父”中居正広とガチトーク 25年の芸能生活を支えた母の言葉も

オリコン

 俳優の神木隆之介(27)が、6日放送のTBS系『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(毎週金曜 後8:57)に出演。初回に菅田将暉、第2弾では田中圭が出演した注目企画「中居くんと話してみたい!」の第3弾として、神木がMCの中居正広(48)と2人だけで熱いトークを展開する。

【写真】アニバーサリーブックを手に笑顔を浮かべる神木隆之介

 神木のドラマデビュー作である『グッドニュース』(1999年)で、2人は親子として共演。それから21年の月日が流れ、お互いを「中居ちゃん」「隆之介」と呼び合う仲で、芸能界でも特別な関係の中居と神木が、『金スマ』でしか見られない人生初の2ショットガチトークを繰り広げる。

 神木が、5歳から自分を知る中居にだからこそ明かした子役出身ゆえの悩みや、25年間芸能界で活躍し続けてきた神木が「失敗したら終わりだと思っていた」という仕事に対する思いなどを吐露。さらに、滅多に語らない恋愛トークも“初めての父親”中居にだからこそ語っていく。さらに神木の25年の芸能生活を支えてきてくれた母についての話題にも及び、TBSに眠る、15年前に神木が母と共演した超貴重映像も公開。2歳から芸能活動を開始した神木は反抗期もなく曲がらずに育ってきたそうだが、神木母の教育法とはどのようなものだったのか、今回『金スマ』が特別に神木母に実施したアンケートで明らかになる。

 2人の共演時のオフショットを収めた超貴重映像や、中居が「こんなの持っているのすごいね!」と驚いた、神木が中居からもらった思い出の品も披露。人生初のキスだったという『あいくるしい』(2005年)『SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~』(2010年)、『るろうに剣心』シリーズ(14年)、『君の名は。』(16年)など、大人になってからも話題作に数多く出演する神木の芸能生活25周年記念VTRも放映される。

 最後には、今回特別に、25年の芸能生活を支え続けた神木の母からのメッセージが。真剣な話から爆笑必至のエピソードまで、出会って21年の中居と神木だからこその秘話が盛りだくさんとなっている。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング