【エール】宮沢氷魚、ロカビリー歌手役で朝ドラ初出演

オリコン

 NHKで放送中の連続テレビ小説『エール』(月~土 前8:00 総合ほか※土曜日は1週間の振り返り)の今後の物語の鍵を握る新たな登場人物・キャストが発表された。

【写真】泉澤祐希、志田未来の出演シーン

 きょう6日放送の第21週・第105回では、主人公・古山裕一(窪田正孝)が妻である音(二階堂ふみ)のために書き上げた「蒼き空へ」を、教会のステージで披露し、音が預けていた夢が叶う幸せな時間が描かれた。あらためて音楽は人々に喜びをもたらすと実感する2人だが、夫婦をとりまく登場人物にもまだまだ波瀾万丈な物語が続く。

 裕一と音の一人娘・華(古川琴音)は今後、病院で働くようになり、その病院に、ステージで骨折して入院するロカビリー歌手、霧島アキラ役で宮沢氷魚が連続テレビ小説初出演する。

 宮沢は「朝ドラ出演は念願だったので実現して本当にうれしいです。途中参加ということで少しプレッシャーはありましたが楽しく自由に霧島アキラを演じることができました。コロナで世の中が少し窮屈になっている近頃ですが、『エール』そしてアキラを通して少しでも皆さんに笑顔と笑いを届けられたら幸せです」と、意気込みを語っている。

 宮沢の起用理由について制作統括の土屋勝裕氏は「英語も話せて、歌も歌えて、イケメンで、でも、ちょっと抜けてるところもありそうな、愛すべきロカビリー歌手の役ということで、ぴったりだと思いオファーしました」と、明かしている。

 このほか、『マッサン』『ひよっこ』に続いて3作目の出演となる泉澤祐希が、福島で床屋を経営している三上典男役で出演。また、『とと姉ちゃん』以来の出演となる志田未来が裕一の弟・浩二(佐久本宝)が支援している福島のリンゴ農家、畠山家の一人娘・まき子役で出演する。

 泉澤は「久しぶりの朝ドラ出演ということで、ワクワクと緊張が入り混じった気持ちでした。出演シーンは多くはないですが、芝居どころのある役なので台本が来てからひたすらせりふを染み込ませました。『ひよっこ』でもそうでしたが、やはり方言のある役は面白いです。典男という人物が、関わる人達にどのように作用するのか注目して欲しいです」。

 志田は「まき子は、家族に愛されて大切に育ててもらった一人娘という印象を受けました。音さんのせりふにも『まき子さんがいると明るくなる』というものがあったので、常に笑顔でいる!ということを意識して演じました。現場では窪田さんや二階堂さんはじめ共演者の皆様が優しく接してくださり、楽しくまき子を演じさせていただきました」と、感想を語っている。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング