長崎代表の大崎が初優勝

共同通信

 高校野球の秋季九州大会(第147回九州大会)最終日は6日、長崎県営野球場で決勝が行われ、大崎(長崎)が5―1で福岡大大濠に勝ち、出場3度目で初優勝した。

 1―1の四回、2死二塁から山口の適時打で勝ち越すと、五回に2点を追加。七回にも松本の適時打で1点を加えて突き放した。投げては今大会初登板の1年生左腕、勝本が1失点で完投した。

 来年の春季九州大会は4月に大分県で開催される。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング