『鬼滅の刃』は本当に「怖いから観ちゃダメ」? カウンセラーが明かす子どもへの影響とは

オリコン

 映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が興行収入150億円を突破。コミックのシリーズ総売上も9,000万部を超えるなど、社会現象となった『鬼滅の刃』は、小学生以下の子どもたちにも大人気だ。家族愛、努力の大切さなどが描かれた同作だが、一方で戦闘シーンの生々しさ、死をリアルに描いた場面については「子どもには刺激が強いのでは」「トラウマになりそう」と心配する親の声も。『鬼滅の刃』は、子どもの心にどんな影響を与えるのか。アニメを用いたカウンセリングも行う、心理カウンセラーの浮世満理子氏に聞いた。

【画像】『ONE PIECE』尾田栄一郎氏が『鬼滅の刃』人気に言及

※一部、ネタバレになる内容を含んでいます。

■戦闘の生々しさは物語に必要、「単なる惨殺シーンではなく、『何をしたら死ぬのか』を描いている」

――『鬼滅の刃』は、子どもの教育にも良さそうな家族愛、努力の大切さ、諦めない心などが描かれている一方、SNSなどでは「戦いの場面が生々しすぎる」「子どもに見せられない」という親世代の意見もあります。

 「鬼と人間の戦いの場面は確かに生々しいですが、それは『鬼滅の刃』の物語に必要なものだと考えています。本作の根底にあるのは、『命とはなんぞや?』というテーマだと思うんですね。主人公の炭治郎をはじめとする鬼殺隊の隊員は、生身の身体で鬼たちに戦いを挑みますが、ここで描かれる鬼と人間の姿こそが、“生と死”というテーマにつながっています。医療が進んだ現在は、『死ぬことは負け』と思われがちです。でも本当は、長生きすること自体がゴールではなく、『何をもって生きるか、人生の中で何を残すか?』が大切。そのことを『鬼滅の刃』は問いかけているのだと思います」

――死を克明に描いていることも、生と死というテーマを際立たせるために必要だと。

 「そうだと思います。鬼殺隊は日輪刀で鬼の首を飛ばしますが、それは単なる惨殺シーンではなく、『何をしたら死ぬのか』を描いているんですよね。隊員や柱(鬼殺隊の頂点に立つ9人の剣士)たちも戦いで壮絶な死を遂げていきますが、それをリアルに表現することで、やはり『死とは何か?』というテーマに行き当たります。多くのヒーロー漫画、ヒーローアニメでは、殺された主人公が生き返ったり、転生したりすることがありますが、『鬼滅の刃』ではそうではなく、理不尽な死、無残な死であっても、そのまま描いています。これは、私たちが生きている世界でも起こり得ることですよね」

――映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』のレイティングはPG12(12歳未満の観覧には保護者の助言・指導が必要)。命の大切さ、死を受け止める力など、まずは親が『鬼滅の刃』のテーマを理解することが必要かもしれないですね。

 「『怖いシーンは見ちゃダメ』と隠すのではなく、しっかりと話をしてほしいと思います。現代の子どもたちは、死んでも何度でもリセットできるゲームなどの影響もあり、死生観が麻痺しがち。『鬼滅の刃』を親子で観て、『人間は死ぬ。だからこそ命を大事にしなくちゃいけない』『守ってあげなくちゃいけない』という話をすることは、とても大切だと思います。

 小学生以下の小さいお子さんの場合、“生と死”“死生観”というテーマをすぐに理解できるわけではありませんが、何年か経った後、『そういえばお父さんお母さんと映画を観たとき、そんなこと言ってたな』と思い出すこともあると思うんですよ。命の大切さや、仲間と一緒に頑張って生きることの素晴らしさについて、親子で話す機会はそれほどないですよね? 『鬼滅の刃』を一緒に観て、泣いて、ぜひ語り合ってみてください」

――アニメや映画を観て、お子さんが怖がっていた場合は、どう対処すればいいでしょうか?

 「まずは、『どこが怖かったの?』と聞いてみましょう。小さいお子さんの場合、死への恐怖というより、『鬼に追いかけられるところが怖かった』『鬼にされたらイヤだ』ということもあります。それはもしかしたら、普段、その子が抱えている不安、成長の段階で訪れる親との離別への怖さが重なっているのかも。しっかり話を聞いてあげて、『怖くないよ』『お母さんが守ってあげるから』と不安を取り除いてあげれば大丈夫です」

■「怖いシーンは見ちゃダメ」とシャットアウトするのはよくない

 「良くないのは、『怖いから見なくていい』とシャットアウトしてしまうこと。これは『鬼滅の刃』に限らず、普段の生活でも同じです。たとえば、道端で猫が死んでいたとします。そういうときに親は『怖いから、汚いから触っちゃだめ、見ちゃだめ』と、子どもを引き離そうとする。すると、子どもは『死は怖くて、汚いものなんだ』と思ってしまうんです。逆に、猫を車にひかれない場所に置いてあげたり、役所に連絡してきちんと葬ってあげれば、子どもは『亡くなったものには、敬意を持って接するべきなんだ』という気持ちになるので。

――一概にシャットアウトしてしまうことが、子どものためになるとは限らないんですね。

 「そうですね。それに『鬼滅の刃』のアニメや映画では、音楽も効果的に使われているんです。激しいシーン、無残なシーンで、観る人を包み込むような美しい音楽が流れますが、それはおそらく、心のダメージをやわらげる配慮。怖さを煽るのではなく、登場人物たちの死を受け止め、しっかりと考えられる精神状態に持っていってくれる楽曲には、音楽療法的な効果もありますね」

――浮世先生は、普段のカウンセリングでも、『鬼滅の刃』の話をしているそうですね。

 「はい。相手と“推しキャラ”のどこが好きかを話すことで、自己理解が深まるんですよね。先日も、冨岡義勇(“柱”の一人)が好きだという子に対して、『どこが好きなの?』と聞くと、『普段は口数が多くなくて自己アピールしないけど、本当はいちばん優しい』という答えが返ってきて。『それって、君に似てるよね』と言うと、その子は『自分もあんなふうになれるってこと?』と表情が変わったんです」

――それならば、子どもも心を開きやすそうですね。

 「そうなんです。ほかにも、『猗窩座(あかざ。“上弦の鬼”と呼ばれる最強の鬼の1人)が好き』という子がいたとしたら、『猗窩座はひたすら鍛錬した強い鬼だよね。君も同じようにがんばれるタイプなんじゃない?』と声をかけてもいい。今の子どもたちは、自己肯定力が弱く、自分の良いところをわかっていない子が多いので、推しキャラの話をきっかけに、その子の良いところを見つけていくことはとても大事だと思います。

 心理学、カウンセリングというと難しいと思われがちですが、アニメを通して話すことで、メンタルヘルスにつながる。『鬼滅の刃』をはじめ、名作と呼ばれるマンガやアニメには、必ず深い内面が描かれているので、ぜひ活用してみてください」

(文:森朋之)

【プロフィール】
浮世満理子(うきよ・まりこ)
全心連公認上級プロフェッショナルカウンセラー/メンタルトレーナー。大阪府出身。『全国心理業連合会』代表理事。『全国SNSカウンセリング協議会』常務理事。トップアスリート、芸能人、企業経営者などのメンタルトレーニングを手掛ける。『子どもの可能性を120%引き出す! メンタル強化メソッド 50』、『チームを120%強くする! メンタル強化メソッド 50』(実業之日本社)、『LINE上手 ビジネス・私生活で相手の心理をつかむ!』(徳間書店)など、著書多数。『週刊まるわかりニュース』(NHK総合)、『関ジャニ∞のジャニ勉』レギュラー出演(関西テレビ)、『newsZERO』(日本テレビ系)などメディア出演多数。■アイディアヒューマンサポートサービス(https://www.idear.co.jp/)

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング