山崎育三郎のライブに豪華ゲスト 朝ドラ共演の森山直太朗、千鳥、明日海りおら登場

オリコン

 俳優の山崎育三郎が7日、東京・日本武道館で『山崎育三郎 THIS IS IKU 日本武道館』を開催。豪華ゲストと、ここでしか見られないコラボで会場を盛り上げた。

【ライブ写真8点】ド派手衣装で熱唱 ダンスにピアノに多才な山崎育三郎

 同イベントは、ニッポン放送の番組から生まれた“山崎育三郎が考える究極のエンターテインメントショー”として、2018年から2年連続で開催。今年は、山崎がこれまで出会ったエンターテイナーの中から「自分の人生」に影響を与えてくれた人たちの偉業に感謝を込めて、独自の目線で“賞”を授与する「IKU AWARDS 2020」を行った。

 真っ白な高級リムジンに乗った山崎は、金のジャケットを羽織ったタキシード姿、手にはバラの花を持った状態で登場。熱いパフォーマンスを展開していくと、MCパートでは息を切らしながら「この後のステージも楽しんで!」と観客にメッセージを送り、メインの授賞式へと移っていった。

 最初の受賞者となったのは「最優秀音楽賞」の森山直太朗。山崎とは、NHK連続テレビ小説『エール』で共演し、それをきっかけに、12月に発売される山崎の新曲を森山が作詞作曲した仲であるが、森山は受賞の喜びを語りつつも「この賞がイマイチ何なのかわからないんですけど(笑)」と会場の笑いを誘った。その後は和やかなトーク、山崎と森山の2人で「さくら」をステージ上で熱唱した。

 『エール』内でもそれぞれ歌うシーンがある「故郷」も歌唱し、さらに山崎演じる佐藤久志の子ども時代を演じた山口太幹くんがサプライズで登場する一幕も。山口くんの特技が「ビートボックス」ということで、ステージ上で披露することになったが、あまりのクオリティーの高さに、山崎と森山が声をそろえて「ウソでしょ」と驚きの声を挙げていた。

 続いての受賞者としてステージに登場したのは「最優秀お笑い賞」を受賞したお笑い芸人の千鳥。ノブも大悟も「直太朗さんの次って」と苦い顔を見せるが、山崎のミュージカルを観に行ったなど、関係性を語る中で、なんとコラボで漫才を披露する流れに。おなじみの“クセがすごい”漫才に山崎が混ざると「ミュージカルのクセがすごい!」に。山崎の見事なビブラートを生かした「もりのくまさん」に、ノブのツッコミがさく裂した。

 さらには、3人でMr.Childrenの「Tomorrow never knows」を歌うことになり、ここではノブが歌のクセのすごさを発揮。山崎のアドバイスを聞くなど何度もやり直しを重ね、フルバンドを入れての歌唱ではかなりの上達を見せ、上手く歌い切ったように見えていたが、だんだんとミュージカル調に染まっていき、最後は「ミュージカルのクセがすごい!」というノブのツッコミで締めくくった。

 続いて登場したのは「最優秀トップスター賞」を受賞した元宝塚歌劇団花組トップスターの明日海りお。宝塚時代に演じ、来年も主演を務めるミュージカル『ポーの一族』の楽曲「哀しみのバンパネラ」を、重低音も使い華麗に歌ったかと思えば、今年流行の「香水」を軽快なリズムに乗せて、笑顔を浮かべながら山崎とコラボで歌唱した。

 最後の受賞者としてステージに登場したのは、なんとこの賞を設立した山崎自身。代わって千鳥の2人がプレゼンテーターを務め、山崎を呼び込むのだが、その前に流れた山崎の紹介VTRに「自分の時だけたいそう(な演出)やなぁ!」とのツッコミが。受賞することをまるで予想していなかったような表情で「まさかこんな賞を受賞できるとは…」という白々しいコメントを発する山崎に、千鳥から「とんだ茶番に付き合わされている」というイジりが入った。

 そんな山崎が披露したのは、「僕こそ音楽」と「最後のダンス」で本編は一度幕を閉じたが、アンコールへ突入。アンコール1曲目は、『エール』の劇中で山崎が披露した夏の全国高等学校野球選手権大会の歌「栄冠は君に輝く」。森山、千鳥、明日海、山口くん、冒頭で登場したモノマネ芸人・JPがステージに登場し、この日の出演者全員で大合唱した。

 ゲストがステージを降りたところで、山崎はアンコール2曲目となる「Wonderland」を披露。観客の手拍子に乗せて、ノリノリでステージの端から端まで動き、隅々まで歌声を届けた、Wアンコールとして最後に歌うこととなったのは、12月2日発売の新曲「君に伝えたいこと」。作詞・作曲を森山が手がけた曲で、山崎は情緒たっぷりに歌い上げ、最初から最後まで山崎らしさあふれる“究極のエンターテインメントショー”は、感動で幕を閉じた(同公演はソーシャルディスタンス確保のため、会場定員数の半分のキャパシティーで実施するなど、新型コロナウイルス対策を万全の上で行われた)。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング