岸谷五朗主演『モノクロームの反転』「濃い男だらけの男臭い作品に」

オリコン

 テレビ東京系で9日に放送される『横山秀夫サスペンス モノクロームの反転』(後8:00~9:54)で主演を務める岸谷五朗が見どころを語った。

【写真】仲村トオルと火花を散らす

 同ドラマは、横山秀夫氏の連作F県警シリーズの同名小説(『第三の時効』所収)。10月26日に放送された『沈黙のアリバイ』と本作の2作品を通じて、山梨県警捜査第一課強行犯捜査三係で強行犯捜査係を引っ張る、通称“三班”の班長・村瀬恭一(むらせ・きょういち)と、“一班”の班長・朽木泰正(くちき・やすまさ)、2人の男の生きざまを通して事件の真相に迫る。

 岸谷が本能と直感を武器に捜査を展開する天才肌の刑事・村瀬を、仲村トオルが鋭い洞察力と経験に基づく捜査理論をもとに事件を解決に導き、″青鬼“の異名を持つ孤高の刑事・朽木を演じる。それぞれの主演が両作品に登場する異例の試みで、横山氏の描く世界観を余すところなく映像化する。

 『モノクロームの反転』では一家刺殺事件が発生。個性がぶつかり合い、決して交わることのない三班と一班が一つの事件を担当することに。互いに犯人を追い、火花を散らす。果たして、真実にたどり着くのは村瀬か朽木か。

 村瀬と朽木はそれぞれ新山千春演じる殺された妻・洋子とその同級生役を演じる福士誠治や石垣佑磨の関係に隠された謎を追う。犯人の逃走を目撃したとされる少年役に今井悠貴、鑑識の堀部圭亮や巡査役の今野浩喜に加え、『沈黙のアリバイ』から引き続き、警察関係者役で平山祐介、飯田基祐、内田朝陽、尾上寛之、白石隼也、岩松了、平田満などが出演する。

【岸谷五朗のコメント】
 横山作品は、気付けばどっぷり俳優自身が物語の中に引き込まれていて、自然にその世界観の中で演じられる魔力のようなものがあり、横山作品に役者として触れるたびに幸せを感じています。今回も同様にたくさん楽しめて最高でありました。

 仲村さん演じる朽木も、私が演じさせていただいた村瀬も、人間的にとても魅力的であり、平田さん演じる田畑課長のせりふで「私もあなた(部長)も刑事として事件を飯のタネにしてきた。だが彼らは(朽木、村瀬)は事件そのものを食って生きている」というのが、二人のズバリ本質で、意識しながら演じてみました。村瀬が事件にのめり込むのと同様に、岸谷も作品にのめり込まさせていただきました。

 仲村さんの芝居はずっと見させていただいていたので初共演なのですが、近くて距離があり認めあっている刑事役は、とてもやりやすかったです。まだまだ、たくさんのシーンで共演させていただきたかったです。

 テレビドラマには珍しい濃い男だらけの男臭い作品になっています。是非御覧ください。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング