櫻坂46、12・8デビュー前夜ライブ 映画館中継のみで PERIMETRON担当のジャケ写公開

オリコン

 アイドルグループ・欅坂46改め櫻坂46が、1stシングル「Nobody’s fault」(12月9日発売)のリリース前夜に改名後初のワンマンライブ『デビューカウントダウンライブ!!』をライブビューイングのみで開催することが決定した。

【写真】櫻坂46センタートリオ、「櫻エイト」5人のショットも

 『デビューカウントダウンライブ!!』は、欅坂46時代もデビュー前月の2016年3月に東京国際フォーラム ホールAで開催した。櫻坂46としての再出発ライブも同じタイトル、同じ会場でデビュー前夜に行うことが決定した。会場は無観客で、全国100ヶ所以上の映画館でライブビューイングが行われる。チケットはあす9日正午からファンクラブ先行申込受付がスタートする。

 あわせてCDのジャケット写真が全形態公開された。今作のアートワークは、King Gnuの常田大希が主宰するクリエイティブチーム・PERIMETRONが手がけた。

 アートディレクションを担当したOSRIN(PERIMETRON)は「ひとひらの花弁では か弱く、風に流されてしまいますが 彼女たちの透き通った強い芯が集まれば、それは大きな花になると思いました。この表現の真意をアートワークに置いてきました。大いなる一歩を後押しできたら幸いです」とのコメントを寄せている。

 本作は5形態計7曲が収録され、全曲14人体制。表題曲のセンターは森田ひかる。藤吉夏鈴と山崎天を含めた3人が、楽曲によってそれぞれセンターを務める。表題曲1・2列目のメンバー、森田、小林由依、渡辺理佐、藤吉、山崎、菅井友香、小池美波、田村保乃の8人を通称「櫻エイト」とし、全7曲の1・2列目を担当。3列目のメンバー6人が楽曲によって替わる新システムを採ることが発表されている。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング