【東京国際映画祭】初監督の山田孝之、モニターに映る松田龍平に“ニヤニヤ”

オリコン

 俳優の山田孝之と松田龍平が8日、都内で開催中の『第33回東京国際映画祭』(TIFF)内で行われた映画『ゾッキ』(2021年春公開)の舞台あいさつに登壇した。

【動画】松田龍平への愛を爆発させる山田孝之

 竹中直人・山田・齊藤工が監督し、共同制作した本作。唯一無二の作家と称される漫画家・大橋裕之氏の初期作集『ゾッキA』『ゾッキB』を原作に、大橋氏の生まれ故郷・愛知県蒲郡市でロケが行われた。2作の短編集は、およそ30作品が収録されており、映画では、多数のエピソードを織り交ぜて構成された。

 キャストは、松田のほか、吉岡里帆、鈴木福、満島真之介、倖田來未、柳ゆり菜、南沙良、安藤政信、ピエール瀧、森優作、九条ジョー、木竜麻生、竹原ピストル、潤浩、松井玲奈、渡辺佑太朗、石坂浩二、松田龍平、國村隼が出演する。

 山田監督について聞かれた松田は「山田くんは現場でニヤニヤしているので、その顔を見るだけで楽しかったです。僕に対しての演出はニヤニヤするだけだったんですけど、ほかの役者さんには熱い思いをぶつけていたので、それが山田くんのやり方なんだなと(笑)」と打ち明けた。対する山田は「僕の初監督で、モニターに松田龍平がいるんですから。うれしくてずっと見ていたくて、ニヤニヤしていましたね」と振り返った。

 この日は、マネキン役で出演している松井も出席。松井は「初体験の特殊メイクで楽しい経験でした」といい「スキンヘッドに白塗り。何事も挑戦だと思ってやらせていただきました」と話していた。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング