Snow Man岩本照、『anan AWARD』初受賞に「時代を駆け抜けたい」 ラウールは自身の“トレンド”明かす

オリコン

 1970年に創刊し、2020年に50周年を迎えた女性グラビア誌『anan』(マガジンハウス)が新たに『anan AWARD』を立ち上げ、初めての表彰式が8日、東京・渋谷で開催された。特別賞を黒柳徹子、50周年大賞を林真理子、松任谷由実、2020大賞をSixTONES、Snow Manが受賞し、喜びを語った。

【写真】SixTONES・田中樹、ジェシーも登壇

 これまで“すべての女性の、いま好きなこと”をテーマに、常に時代の女性のきもちに寄り添い、“流行”、“ファッション”、“気分”を追いかけながら、時のスターを特集。そんな中で、創刊50周年を記念して、『ananAWARD』を立ち上げた。

 今年、多くの表紙を飾り、大きな話題を振りまいたことが人気グループ2組の受賞の決め手に。ド派手なフォトシューティングが行われ、SixTONESの田中樹、ジェシー、Snow Manのラウール、岩本照が登場。ラウールは「僕たちが、〇〇大賞みたいなものを受賞するのを想像していなかった。Snow Manとして表紙を飾る度にファンの方々が盛り上がってくれた」とファンに感謝した。渡辺翔太ソロ表紙を務めた同誌は発売前に重版が決定。創刊50年の歴史で今回が初めてのできごとで、ラウールは「メンバーの中でも『anan』の表紙に1人出るのはスゴいことだよね、と話題となった。こういう賞をいただけてうれしいです」とほほを緩ませた。

 フォトシューティングの写真は登壇した直後に公開。視線をカメラから外し過ぎてしまったラウールは「どこ見ているんですか、僕…。大丈夫かな」と苦笑い。岩本は「撮っていただいたのが、すぐ見られる時代なんですね」と目を丸くしていた。

 今年1年の活動を振り返った岩本は「いろんな経験をさせていただきました」としみじみ。「デビューコンサートを配信したのは初。僕たちSnow Manは初を取りに行きたい思いがある。渡辺の発売前重版も初。そこも自分たちのことのようにメンバーが盛り上がった。これからも、たくさんの初を」と意気込みつつ「僕たちだけで取れるものではない。ファンの方の力や、目に見えない力への感謝の気持ちを持てた1年だと思います」と感慨を語った。

 SNSでも積極的に発信する。ラウールは「みなさんのリアクションが返ってくる感覚が新鮮。直接、会えない時期だからこそ、その言葉を見て励まされて力が出る」と思いを伝えた。『anan』のイメージを問われると岩本は「自分たちの知らない、自分たちでも新たな発見をするぐらいの新しい一面を引き出していただいている」と振り返った。そして「『anan』さんの記念すべき日にSnow Manが初の賞をいただけた。支えてくださる、みなさんのおかげ。5年後、10年後に、ここにSnow Manが来れるように、これからの時代を駆け抜けたい」と思いを馳せていた。

 授賞式終了後に取材に応じた4人。同誌が最先端のトレンドを取り扱っていることから、自身のトレンドについて問われるとラウールは「難しいな…。『うんこ漢字ドリル』でお勉強したいですね」と回答し、笑わせた。田中は「僕たちに限らずなんですけど、言葉の流行にうとい。ぴえんとか。つい最近、アゲぽよを知った」と告白しながら「音楽とかパフォーマンスのトレンドには敏感でいたいなって思いますね」と口にした。

 最後に岩本は「ずーっと支えてくださっているのはファンの皆様。ありがたい機会を『anan』さんには作っていただいている。50周年のAWARDに選んでいただいたのも本当にありがたい。もし50年後に第2回があったら77歳か、って思っていたんですけど、その前にSnow Manが出られる時があればうれしいな」とメッセージを送っていた。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング