西川貴教、琵琶湖の環境保全へ『イナズマロック フェス』の収益一部を寄付

オリコン

 滋賀ふるさと観光大使を務めるアーティスト・西川貴教が9日、三日月大造・滋賀県知事を表敬訪問し、今年9月19日にオンラインで開催した『イナズマロック フェス 2020』のチャリティオークションの売り上げ金173万1301円を、琵琶湖の環境保全のための「マザーレイク滋賀応援基金」へ寄附した。また、すでに発表になっている『イナズマロック フェス 2021』について改めて、来年9月18、19日の2日間、同県立琵琶湖博物館西隣の烏丸半島芝生広場で開催することを報告、地元の協力を要請した。

【画像】西川貴教、三日月・滋賀県知事らが笑顔で記念撮影

 同フェスは西川が発起人となり、琵琶湖の水質保全と地域創生をテーマに掲げて毎年9月に草津市烏丸半島で開催している同県下最大の大型野外ライブイベント。2009年にスタートし、今では滋賀県の夏の風物詩にもなっている。

 今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため同所での開催を見合わせ、月額制のライブ配信サブスクリプションサービスのプラットフォーム「サブスクLIVE」など使ったオンライン配信に切り替えて実施。当日は、同県庁の知事室から西川が8時間のイベントMCを務め、これまで同フェスに出演したアーティストを中心に、ももいろクローバーZ、ゴールデンボンバー、さだまさしなど総勢28組が、全国各地のライブハウスやスタジオから「音楽で日本を元気に!!」を合言葉にライブやスペシャルトークを繰り広げた。

 また、三日月知事、同県出身のボクシング第29代WBC世界バンタム級チャンピオン・山中慎介、ジャパネットたかたの高田旭人社長なども出演し、地域創生や地元の若者をサポートする仕組みについての意見交換が行われた。毎年、同フェスの開催に合わせて行われているチャリティオークションもバージョンアップし、多くのミュージシャンの協力のもとでの寄附となった。

 今回の表敬訪問では、三日月知事が「西川さんがいろいろな所で滋賀県について発信してくださるおかげで、テレビなどで滋賀県のことを取り上げていただけることが多く、県民にも実感として伝わっていることをうれしく思います」としみじみ。「それと同時に、イナズマロック フェスの開催や寄附だけでなく、琵琶湖の環境保全のための清掃活動へ参加、地元事業へのご協力など、感謝しております。『イナズマ良かった、楽しかったね』というだけでなく、未来につながるような活動やメッセージを発信していただいていることが、よりみなさんの共感を生んでいるんだと思います」と笑顔で話した。

 西川は「今年のイナズマはオンラインという形での開催でしたが、ポジティブに捉えれば会場の収容人数を気にせず、世界中の方に滋賀県を知っていただく機会となりました」と説明。「その分来年のイナズマロック フェスはぜひ滋賀県にいらしていただき、滋賀県の素晴らしさに触れていただけるように頑張っていきたいと思いますので、ご協力をよろしくお願いいたします」と力強く語った。続けて「これから頑張ろうと思っている世代のみなさんを、『イナズマクラウドファンディング』という形で支える取り組みを考えています。これを通じて、みなさんと一緒に新たな滋賀の魅力を作っていければと思っています」と抱負を述べた。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング