奈緒、高橋海人演じる“年下男子”との恋に「お芝居をしていてもドキドキ」

オリコン

 女優・奈緒が出演する10日放送のカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『姉ちゃんの恋人』(毎週火曜 後9:00)の第3話では、主人公・安達桃子(有村)の幼なじみで親友の浜野みゆき(奈緒)と桃子の弟・安達和輝(高橋海人/King & Prince※高ははしごだか)のラブストーリーが本格的に始動。このほど放送を前にコメントを寄せた奈緒は、“年下男子”和輝との恋愛描写について「お芝居をしていてもドキドキします」と感想を明かした。

【動画】有村架純、奈緒、小池栄子らの恋が動き出す?『姉ちゃんの恋人』第3話

 第2話までは、桃子と“ワケあり男子”吉岡真人(林遣都)、“残念美人なアネゴ”市原日南子(小池栄子)と “爽やかなイケオジ”高田悟志(藤木直人)の恋模様が描かれてきたが、みゆきと和輝という新たな恋愛模様もプラスされる。

 ここまで演じてきたみゆきのキャラクターについて奈緒は「すごく情に厚い人ですね。家庭環境や仕事の悩みを抱えているんですけど、桃子をはじめ、そばにいてくれる人に対しては、時に厳しく、本当に心からの愛を持って接する女性だと思います」と分析。

 そんななか、みゆきは今まで弟のように思ってきた和輝から積極的にアプローチされることに…。「そもそも恋愛から離れていた生活を送っていた中で、今まで弟のように思っていた年下男子の和輝くんが踏み出した一歩によって、みゆきさんにとって今まで見えていた世界や過ごす日常が一変します。そのすてきな変化がすごく面白いと思いますし、お芝居をしていてもドキドキします」と役柄を目一杯に楽しんでいるよう。

 和輝の積極的なアプローチに戸惑うみゆきの表情も印象的だが、「悩みもつきものですが、やはり人を好きになることはすごく尊くて幸せなこと」と捉え、「その幸せな瞬間を作品の中で感じさせていただき、見てくださる方に『自分にもこんなことがあるかも』というキラキラした希望をお届けできるのではないかと思いながら、すごく楽しんで演じさせていただいています」と満喫している。

 また、思わず視聴者が声をあげてしまうような恋模様を“キュン爆弾”と表現する奈緒は、第3話予告映像ですでに話題となっている、和輝がみゆきの口についたカフェラテの泡を指で取ってあげるシーンについて「ドキドキしながらお待ちいただいて、放送を思いっきり楽しみながらごらんいただきたいです」と期待を込めてアピールしている。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング