ケンコバ、芸名の由来を初告白 往年の名レスラーがモチーフ「うわさがすごい人に…」

オリコン

 お笑い芸人のケンドーコバヤシが、くりぃむしちゅー有田哲平による、Amazon Prime Videoのプロレスバラエティー『有田プロレスインターナショナル』(通称:Aインター)の第1回にゲストで登場。自身の芸名の由来について初告白した。

【動画】有田哲平『Aインター』内容解禁

 今回の番組の特集が「ペイントレスラー」だったことにちなみ、悪役レスラーとして一時代を築いたペイントレスラーのケンドー・ナガサキさんの話題に。有田から「いろいろいるレスラーの中で、ケンドー・ナガサキの名前を取っているのはなぜなの?」と向けられると、ケンコバは「うわさがすごい人になりたかったというか。ケンドー・ナガサキは『ケンカ最強』とか、いろいろあって、結果がどうあれ、うわさが先行って、いいキャラやなと思って、つけさせていただいた。これは初出のエピソードです」と打ち明けた。

 昨年の12月25日をもって最終回を迎えた、くりぃむしちゅーの有田哲平の熱い“プロレス愛”がほとばしるAmazon Prime Videoのプロレストークバラエティー『有田と週刊プロレスと』(『有プロ』)。多くのファンの熱い声に応える形で、今月4日から新番組として『Aインター』が新たに立ち上がった。

 プロレスの魅力をあらゆる角度から深堀りしていくため、『有プロ』でもたびたび登場してきた、高田延彦が創立した団体『UWFインターナショナル』(通称:Uインター)をほうふつとさせる新番組がスタート。Uならぬ“A”の魂を引き継ぎながら、最強のプロレスバラエティーを目指すため、有田が動き回る。

 初回のみ4話同時配信となり、以降は毎週水曜1話更新となる予定(全25話)。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング