山下智久、ジャニーズ事務所を退所 本格的に活動の拠点を海外に

オリコン

 歌手で俳優の山下智久(35)が所属するジャニーズ事務所は10日、山下が10月31日をもって退所したことを報告した。

山下智久のテレビ出演歴

 サイトでは「この度、弊社所属タレント山下智久は、2020年10月31日をもちまして退所いたしました」と報告。「いつも温かく見守り、応援してくださっているファンの皆様、そして、ご支援いただいている関係者の皆様に心より御礼申し上げるとともに、急なご報告となりますことをお詫び申し上げます」と伝えた。

 続けて「山下は、以前より、海外でキャリアを積みたいという志向が強くございました。そのため、契約内容等を調整しながら、弊社に所属した上で海外での活動に挑戦しやすい環境を整えてまいりました」と説明。

 「今後につきましても、継続的に話し合いを重ねてまいりましたが、山下より、本格的に活動の拠点を海外に移したい意向であること、また、現在オファーがある海外作品に参加するため、契約満了前の退所を希望する旨、申し出がございました」とし「弊社といたしましては、本人の意向を尊重し、双方合意の上で契約を終了することといたしました」と記した。

 最後は「山下は、これから自身の思い描くキャリアを目指して歩んでいくこととなりますが、これまでと変わらず、ご支援賜れますと幸いでございます」とメッセージし「何卒ご理解の程、よろしくお願い申し上げます」と結んだ。

 山下は、2003年に人気グループ・NEWSのメンバーとして、シングル「NEWSニッポン」でCDデビュー(2011年10月、脱退)。06年にシングル「抱いてセニョリータ」でソロデビュー。俳優として、TBS系ドラマ『クロサギ』、フジテレビ系ドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』シリーズ、『ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~』、映画『あしたのジョー』などで主演を務め、今年6月にはHuluなどで世界同時放送・配信のドラマ『THE HEAD』で海外進出も果たしている。そのほかにも、KAT-TUN・亀梨和也とのコラボ楽曲として「青春アミーゴ」(修二と彰)、「背中越しのチャンス」(亀と山P)などがある。

 山下については、今年8月に一部週刊誌で女性との不適切な関係が報じられ、同月に一定期間の芸能活動自粛を発表していた。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング