“恋には積極的”中条あやみ、小澤征悦&TOKIOの妄想をバッサリ「“男の子”はずっと青春でいいな」

オリコン

 女優の中条あやみと俳優の小澤征悦が、11日放送のフジテレビ系バラエティー『TOKIOカケル』(毎週水曜 後11:00)に出演。男子が女子にされたら“俺のこと好きかも”と思い込んでしまう行動を刑事にふんしたTOKIOと小澤が選び、“好きアピール=クロ”か“意識していない=シロ”の“シロクロ判定”を、女性刑事にふんした中条に判定してもらう企画「完全に好きアピ警察24時」では「恋愛には積極的です」という中条が、TOKIOと小澤ら男性陣の恋の妄想を容赦なく判定していく。

【写真】中条あやみ、小澤征悦とTOKIOの妄想をぶったぎる

 「失敗したり、待っていてもダメだなと思ったりして。せっかく好きになったのに、自分から伝えずに終わってしまうのはもったいない」と等身大の恋愛観を明かす中条に共感する小澤は、自身が“クロ”だと思う4つの行動を提案。その中から選んだのは『突然、似顔絵を描いてくる女性』。「描いてくれている間、ずっと女性を見ていたら…好きになってしまった」と実体験をもとに照れ笑い。“証拠”のイラストもスタジオで披露し、「これは真っクロです!」と自信たっぷり。だが中条に「シロです。小澤さんの顔は描きやすいんです」と冷静に判定されてしまう。

 他にも、長瀬が「『私、手が冷たいんです』と言ってくる女性。触って、ってことですよね。絶対クロ!」と主張するも、中条は「独り言です」とあっさり。「手ごわいな」「今日はクロでないかも」とこれまで多くの“クロ判定”を勝ち取ってきたTOKIOが弱腰になるも、小澤は「絶対負けない!」とひとり暴走し始める…!?

 収録後のインタビューで「小澤さん、私も今後、似顔絵を描きますね(笑)」と茶化す中条に、小澤は「似顔絵描かれたらイチコロだよ! いや~完全に中条さんに遊ばれていますね! 男性のほうがチョロいんだなと思いました。『絶対クロだ!』と思うカードを4枚持ち込んで気合十分で挑みましたが、女心は難しいですね」と苦戦を振り返る。

 中条は「今回の小澤さんは、私が知る限り、いちばん絶好調だったと思います! 小澤さんの勇姿をぜひ見ていただけたらと思います」とアピールし、小澤「昨日8時間ぐっすり寝たおかげですね! TOKIOさん、中条さんと楽しく収録させていただいたのでぜひ、ごらんください!」と視聴者に向けメッセージを寄せている。

 このほかにもTOKIOがゲストの知られざる一面を引き出すため、今まで聞かれた事がないであろう質問をゲストにぶつける企画「生まれてはじめて聞かれました」では、「芸能界でいちばん自分に詳しい人は?」と問われ、嵐・松本潤を挙げる小澤が、プライベートの松本とそこに交わる長瀬の意外な接点について語る。中条は女優・水川あさみの名前を挙げ、“姉御肌”な水川から言われた衝撃的な一言について明かす。

 また世界的に活躍する指揮者・小澤征爾を父に持つ小澤は、豪華すぎる交友エピソードを公開。小学生当時、スティーヴン・スピルバーグ監督に会った際に映画『E.T.』のE.T.のモノマネを披露したそうで後日、スピルバーグ監督が小澤に宛てた直筆の手紙も公開。小澤によるスピルバーグ監督絶賛のE.T.のモノマネにスタジオも大盛り上がりとなる。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング