奇形とけがを負った子猫、過酷な外生活から生還「後ろ足が動かなくても」つかんだ幸運

オリコン

 猫を保護した際のリアルな状況、悲惨な姿までブログで隠すことなく伝え、多くの読者に動物愛護の必要性を問いかけているNPO法人『ねこけん』。公園で発見された子猫『あんよ』は、母猫と一緒にいるところを保護された。その足は、思いもよらぬ方向を向いていた。保護当時の状況について、代表理事の溝上奈緒子氏に聞いた。

【写真】足が不自由だって! おめめクリクリの『あんよ』、後ろ足2本がなかった先代猫も

■不自由な足をひきずりながら、逃げまどう子猫

 『ねこけん』千葉支部のボランティアメンバーが見つけたとき、その子猫は母猫のかたわらにぴったりと寄り添っていた。が、よく見ると後ろ足はあらぬ方向を向いている。これが『あんよ』の第一発見状況だった。すぐさま保護しようとメンバーが近づくも、不自由な足をひきずりながら逃げまどう子猫。助っ人を呼び、なんとか子猫を捕獲した。よく見ると、足が不自由なだけでなく、けがも負っていた。

 「必ず命を繋ぐから、あなたの子はもう大丈夫。母猫さんも強くたくましく生き抜いて」。保護したメンバーは、茂みに潜んで様子をうかがっていた母猫に、そう語りかけた。そして「ごめんなさい」、とも。我が子と離れ離れになってしまう母猫の思いに胸を締め付けられながら、子猫を保護して『あんよ』と名付けた。

 「『あんよ』は不自由な足にけがもしていました。最初は交通事故かなにかが原因で足が不自由になったと、メンバーも考えていたそうです。ですが、病院に連れていったところ、骨盤が骨折しており、けがも負い、不自由な足は奇形であったことが発覚しました。でも、この状態まで大きく育つことができたのは、母猫の愛情があったからだと思います」と溝上氏。

 自力で排泄ができない『あんよ』には、圧迫排尿が必要となる。圧迫排尿とは、けがなどにより自力で排尿できなくなった場合の処置のひとつ。下腹部の膀胱にあたる部分を外から手で圧迫することで、排尿を促す方法のことだ。あんよを保護したメンバーは急きょ、圧迫排尿を習い始めたそうだ。

 「飼い主が圧迫排尿をできないと、病院に連れていかなければいけません。でも1日に3回も4回も病院に連れて行って圧迫排尿をしてもらうのは、さすがに難しいでしょう。ただ圧迫排尿はできる人とできない人がいて。もちろん経験も大事ですが、センスも必要なんです。圧迫し過ぎて膀胱が破裂してしまうと、緊急オペをしなければ死んでしまいます。でも、できるようになればなんてことはありません」

 現在、排泄の介助が必要な『あんよ』は、圧迫排尿をマスターした千葉支部のメンバーとともに、極甘なリハビリ生活を送っている。寂しいと「ふぇ~、ふぇ~」と鳴く『あんよ』のために、メンバーは一晩中、一緒にいることもあるそうだ。その結果、どうやら『あんよ』はすっかり甘えん坊な猫に成長しつつあるという。保護されるまでは、母猫と一緒にコンビニのお客さんから食べ物をもらって生きてきた『あんよ』。甘えん坊になれるのも、安全で幸せな場所を得ることができたからこそだ。

 「けがをしてしまったり、体が不自由な猫が外で生活していくのは、かなり過酷なことです。今回は母猫さんの愛情や、地域の人の温かい手もあったので、ここまで生き延びることができたのでしょう。普通ならすぐに死んでしまうため、体が不自由だった子猫の『あんよ』が生きていたことは、本当に幸運です。私たちは、猫の殺処分ゼロを目指しているので、こういう猫たちもすべて保護し、新たな家族を見つけていきたいと思っています」

 ちなみに、過去に本部でも『あんよ』という猫がいたという。先代『あんよ』は後ろ足が2本ともなかったが、前足だけで上手に歩き、キャットタワーにも登ることができた。そして運命の人と出会い、家族となり幸せな生活を手に入れた。今回、保護された『あんよ』の未来にもきっと、運命の家族が待っていることであろう。

(文:今 泉)

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング