会長が差別発言で辞任

共同通信

 イングランド・サッカー協会(FA)は10日、差別的発言をしたクラーク会長の辞任を発表した。英議会の委員会で、非白人を差別的な意味のある「カラード(有色)」と表現した。

 委員会中に指摘されて謝罪したが、他にも同性愛者や女性差別と受け取れる発言もあり、FAを通じて「不適切な発言で迷惑をかけた」との声明を出した。英スカイスポーツによると、国際サッカー連盟(FIFA)副会長の職も来年2月に辞任するという。(ロンドン共同)

PR

海外サッカー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング