【YouTubeチャート】嵐の新曲を含む計5作がTOP100内にランクイン

オリコン

 今週(10/30~11/5)のYouTubeチャートは、3週連続で女性シンガー・LiSAの「炎」(ホムラ)が1位。視聴回数は前週を上回る1492.7万回(前週比1.7%増)となった。同作が主題歌の映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」は、公開24日間で興収200億円を突破しており、今後どこまで数字を伸ばすのか目が離せない状況になっている。

【動画】嵐、最新作「Party Starters」

 初登場で8位をマークしたのは、嵐の最新作「Party Starters」(視聴回数:298.9万回)。嵐のデビュー記念日である11月3日に無観客ライブ「アラフェス2020 at 国立競技場」をオンライン配信したこともあり、その感動の余韻から、前週圏外だった「A・RA・SHI」「BRAVE」「Turning Up」 などが急上昇。新作や、コンスタントに高い視聴回数をキープし続けている「Whenever You Call」も含む計5作がTOP100内にランクインした。

 初のTOP20入りとなったのは、20位(前週38位)の女優・森七菜の「スマイル」(視聴回数:117.2万回)。週間視聴回数としては自身初となる100万回の大台を突破した。同作は2人組ユニットホフディランが1996年にリリースした楽曲のカバー。森本人が出演する大塚製薬『オロナミンC』のCMでこの曲を歌唱し、その後、本家のホフディランをプロデューサーに迎えて新たにレコーディング。はつらつとした歌声が楽曲に新たな息吹を吹き込んでいる。放送中のTBSドラマ『この恋あたためますか』で主演を務めるなど、次世代を担う女優として注目を集めており、認知の高まりがそのまま視聴回数の増加につながっているようだ。

 視聴回数が前週の約1.2倍となり、24位(前週35位)にアップしたのは、シンガー・ソングライター・Tani Yuukiの「Myra」(視聴回数:104.5万回)。今春よりTikTokやYouTubeで話題となり、YouTubeチャートでは18週にわたって上位にランクインしている。10月24日より放映が始まった、TikTokのブランドTVCM第2弾「じいちゃんとMyra」篇に、同曲がフィーチャーされたことがきっかけで、再び視聴回数が大きく伸長した。CMは成田凌と小日向文世をアンバサダーに起用して、TikTokの中で人気に火がついた楽曲が音楽トレンドシーンを賑わせている様子を描いた内容となっている。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング