寛一郎、乳離れで恐怖の思い出 父・佐藤浩市が母の乳に“落書き”

オリコン

 俳優の仲野太賀、寛一郎、女優の吉岡里帆、佐藤快磨監督が11日、都内で行われた映画『泣く子はいねぇが』(20日公開)の特別上映会に登場。タイトルの『泣く子』にちなみ、幼少期のころを聞かれた寛一郎は、父・佐藤浩市から受けた、恐怖の“乳離れ”の思い出を語った。

【動画】寛一郎の乳離れトークに共感する吉岡里帆

 幼少期のころの怖い思い出について寛一郎は「変な話ではなく前置きをするのですが、おっぱいが…すごく好きだったんですよ。小っちゃいころですよ!…今もですけど」と笑いを誘いつつ、「乳離れをするか、しないかという時期は来るじゃないですか子どもって…」と説明。

 続けて「その時、(親が)乳離れをさせなくてはいけないと思ったんでしょうね。母親の乳にですね、父親がすごい怖い顔を描いて落書きをしたんですね」と告白。「『きょうも(乳を吸いに)行くか!』と母親のところに行って、(乳が)バッと出た瞬間に、断片的な記憶しかないのですが、カルチャーショックと言いますか、『ああああああ』となってしまった。そこから、乳離れができたのですが、反動でもっと(おっぱいが)好きになってしまったのはありますよね。本当に怖かったです」と照れていた。

 父が“母の乳”に落書きをするエピソードに吉岡も「私もそれ、されてました! 同じです」も明かすと、寛一郎は「えっ、うそ!? されたの俺だけだと思ったら、ここにもいたんですね」と驚いていた。

 同作は、『万引き家族』などで知られる是枝裕和監督が自ら企画として参画し、全面的にサポートする新鋭・佐藤快磨監督の劇場デビュー作。脚本は完全オリジナルで、主人公・たすくを仲野、妻・ことねを吉岡が演じるほか、寛一郎、山中崇、余貴美子、柳葉敏郎らが出演する。

 物語の舞台は秋田県・男鹿半島。大みそか、伝統行事「ナマハゲ」に参加するたすくは「酒を飲まずに早く帰る」と約束したが、酒を断ることができずに泥酔。さらに「ナマハゲ」の面をつけたまま全裸で街を走り出し、その姿がテレビで全国放送されてしまう。ことねに愛想をつかされ、逃げるように上京するも、親友の志波(寛一郎)からことねの状況を聞かされ、彼女と娘への強い思いを再認識。そして、地元に戻る決意をするが、現実はそうたやすいものではなかった…。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング