テレ朝・土曜夜にドラマ枠新設 第1弾は生田斗真が売れない脚本家兼主夫に

オリコン

 来年1月期、テレビ朝日の土曜夜に新たなドラマ枠「オシドラサタデー」(毎週土曜 後11:30~深0:00)が誕生する。第1弾となるのは、生田斗真主演のマイ・ホームコメディー『書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~』。生田は、同局の連続ドラマ初主演となり、「今回は新しい枠ということで、チャレンジングなことができるんじゃないかと僕たちも楽しみにしています。ぜひ皆さんもドキドキしながら楽しんでください!」と呼びかけている。

【写真】脚本を手掛ける福田靖氏

 本作で生田が演じるのは、細々と執筆を続けながら、ベストセラー作家の妻や子どもたちのために家事全般を担う脚本家兼主夫の吉丸圭佑(よしまる・けいすけ)。ある日、急に降板したメインライターのピンチヒッターとして、圭佑に連続ドラマ(しかもゴールデンタイム枠!)の脚本執筆という千載一遇のチャンスが舞い込む。クセの強いドラマの関係者に振り回されながらも執筆&家事・育児に全力投球する圭佑。たとえ今は平凡な才能しかなくても、一緒にドラマを作る仲間や応援してくれる家族がいれば何だって乗り越えられる!? そんな愛すべきキャラクターに生田が息を吹き込む。

 脚本家としてなかなか芽の出ない夫の圭佑を見守る妻・吉丸奈美(よしまる・なみ)を演じるのは、吉瀬美智子。奈美は「香坂りり子」というペンネームの売れっ子小説家で、ズバ抜けた知名度と収入を誇る吉丸家の大黒柱。家計を支える身となっても夫への愛情は変わらず、一世一代のチャンスに挑む圭佑を応援し続ける妻を、吉瀬が時に優しく、時にたくましく演じる。

 生田と吉瀬は2008年のドラマ『魔王』以来の再共演となる。「その時は“僕の兄の奥さん”という役だったんです。まさか今回、夫婦の役で共演できるとは想像もしていなかったので、すごく楽しみですね。観てくださる男性からうらやましがられる役だと思います(笑)。久しぶりにお会いしましたが、あんなにキレイな方なのにすごくフランクで、かわいらしい部分も混在しているという吉瀬さんの魅力は全然変わっていない」と生田。

 吉瀬も「全然変わっていないですね。あの時は確か23歳くらいですごく若かったんですけど、当時からかっこつける感じでもなくスマートに紳士的な振る舞いができてしまう人、という印象でした。気軽にお話してくださるので楽しいし、周りの人をすっと自然にチームの一員にしてくれるので、すごく居心地がいいんですよね。今回、夫婦の役でご一緒できてうれしいです」と、コメントしている。

 不安を感じながらも降ってわいたチャンスに張り切る圭佑だが、一緒にドラマを作ることになる人々はクセモノ揃い。無茶ばかり言うプロデューサーや夢ばかり語る監督、ワガママ俳優にスポンサーからの要望…これでもかと好き勝手なことばかり言う関係者たちに振り回されることになる。そんなクセモノだらけのドラマ関係者、圭佑のブレイクを期待する子どもたちなど、今後発表される共演者たちの顔ぶれにも注目が集まりそうだ。

 完全オリジナルストーリーとして脚本を手掛けるのは、『HERO』(2001年~)や『ガリレオ』シリーズ(07年~)、『DOCTORS 最強の名医』(11年~)、連続テレビ小説『まんぷく』(18年10月~19年3月)など、数々の作品でヒットを連発する福田靖氏。

 「デビューして5年目、売れない脚本家だった僕に、突然ゴールデンタイムのドラマの仕事が舞い込みました。あれが僕の脚本家人生の分岐点。『書けないッ』と悶え苦しみながら頑張った怒とうの数ヶ月。あの時の僕は、まさに“吉丸圭佑”でした。自分と重ねながら脚本家を主人公にしたドラマを書くのは、これが最初で最後です」と、自身の実体験がベースにあることを明かしている。

 そんな脚本家が描く、脚本家の世界。ドラマの裏側にはこんな物語が!? まさに虚実が入り混じる世界で、せりふの一つひとつに圧倒的なリアリティが宿る。クセの強いキャラクターたちがドラマの制作現場で巻き起こす騒動や、吉丸一家のほのぼのしたやり取りを、脚本家自身だからこその目線から、コミカルに、ユーモアに描いていく。

 生田が「福田さんが脚本を書かれたドラマは、これまでにもたくさん観てきましたが、今回は福田さんらしさがありつつもほっこりできる、そんな作品です。家族で観ても一人で観ても楽しい、テレビの前の皆さんも家族の一員になった気分で観られるようなドラマにしたいなと思っています」と意気込めば、福田氏も「生田さんなら間違いなく、モデルになった脚本家よりも100倍情けなく、100倍愛らしく演じてくださることでしょう」と期待を寄せている。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング