『東京デザインが生まれる日』対談パートにくっきー!、安達祐実ら出演

オリコン

 テレビ東京で12月2日から放送される水ドラ25『東京デザインが生まれる日』(毎週水曜 深1:28、全5回)で、ドラマと共に語られる「本当にあったデザインの仕事」を解き明かす、対談パートのクリエイター陣が発表された。

【写真】対談パートに出演するくっきー!

 本作は、実在のデザインオフィス「れもんらいふ」代表のアートディレクター・千原徹也が監督を務める、デザイン業界を舞台にした「フィクション(ドラマ)とノンフィクション(対談)のハイブリッド」を特徴とした連続ドラマ。

 デザインの世界で奮闘する若きデザイナー役にモトーラ世理奈、そのほか、MEGUMI、後藤淳平(ジャルジャル)、もも(チャラン・ポ・ランタン)、伊藤万理華、新井郁、奈良裕也が出演する。

 第1話では、雑誌「bis」(光文社)で連載中の「女型人間くっきー」を題材に、野性爆弾・くっきー!と千原の対談が実現。「クラブのママに扮したくっきー!が手刀でドンペリの瓶を真っ二つにする」という奇抜なアイデアを、限られた予算と時間の中で彼らはいかに形にしていったのか。その過程が「ドラマの背景」として語られていく。

 第2話ゲストは、芥川賞受賞作家・川上未映子。「わたし、いい度胸してる」という印象的なキャッチコピーを冠した女性向け下着ブランド・ウンナナクールの広告を題材に「小説の言葉/広告の言葉」、また「好きなことを仕事にすること」が話題に上がる。

 第3話は、シンガーソングライター・吉澤嘉代子が、自身の代表曲「残ってる」のCDジャケットを千原と共に手掛けたエピソードを紹介。「後頭部のアップの写真」というおよそ広告的でない印象的なジャケットデザインはどのような紆余曲折の末に生まれたのかの秘密に迫る。

 第4話ゲストは千原が現在準備中の映画企画『最終日』のティザーで主演を務め、本ドラマのナレ―ションも務める女優・安達祐実。「千原さんは、みんなが固定イメージに囚われていた “安達祐実”を、素材として面白く扱うという発想を持った、一番最初の人」だと語る安達が、千原への厚い信頼とこれからの企みを和やかに語る。

 アートディレクターという耳馴染みのない肩書を持つ千原が、その技術やセンスはもとより、クリエイターや仲間とどんな風に向き合い仕事をしてきたのか。「デザイン業界をモデルにした架空のドラマ」に留まらない魅力を、対談を通じて伝えていく。

■第1話 ドラマあらすじ
 小さなデザイン会社「れもんデザイン」の新人デザイナー小野睦(モトーラ世理奈)は、野性爆弾くっきー!の雑誌連載「女型人間くっきー」の撮影準備に追われている。だが課せられるのはカメラマン発注、ロケハン、ロケ弁手配…「全然デザイナーの仕事じゃない!」と仕事内容に疑問を抱き始めていた。そんな睦の気持ちを察した会社代表の千原徹子(MEGUMI)は「あなたサラリーマンなんだからね」と言い放つが、睦にはその言葉の真意がわからない。

■第1話 対談概要
 「女型人間くっきー」は、野性爆弾・くっきー!が毎回女性に扮する雑誌「bis」で連載中の人気企画。くっきー!と千原のブレストからスタートするアイデアはどれも奇抜でユーモラスなビジュアルだが、アイデアを形にするための地道な作業は若いデザイナーの仕事でもある。二人は今回の仕事のみならず、自身の下積み時代の苦労や思い出話にも花を咲かす。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング