美 少年・岩崎大昇、ミュージカル初主演で“座長”呼びに恐縮「勘弁して」

オリコン

 ジャニーズJr.の人気グループ・美 少年の岩崎大昇(18※さきはたつさき)が12日より東京・新国立劇場で上演されるファンタジッククリスマスミュージカル『ELF The Musical』開幕直前取材に登壇した。初の外部舞台にしてミュージカル初主演に挑戦する岩崎は、周囲から『座長』や『主演』呼びされることも多いようだが、「いや! まだ早いです!」と、ひときわ大きな声で謙そん。「本当に勘弁してください、という感じ。そう言われると荷がどんどん…」と苦笑しながら恐縮した。

【集合ショット】初ミュージカルとなる織山尚大、柏木ひなたらも登壇!

 グループのなかでも歌唱力には定評のある岩崎は「常に動きながら歌ったり、今までは立って歌う事が多かったのですけど、芝居しながら、いろんなことを同時に意識しなければいけないなって」とミュージカルならではの難しさも実感。共演のコング桑田(59)は「心がついてきてるから歌がしみるんです。けいこ場で何回涙させてもらったことか…」とその美声に感心し、別所哲也(55)も「ピュアな心がキラキラしてる。キラキラ感をたくさんいただいています」と刺激を受けたことを明かした。

 取材には岩崎と同じくミュージカル初挑戦となるジャニーズJr.・少年忍者の織山尚大(17)と私立恵比寿中学の柏木ひなた(21)も登壇。柏木は「グループから出てお仕事するときは一番年下なことが多かったのですがお二人を迎えて初めて上になったので、ドキドキして『ちゃんとしなきゃって』って気持ちだった。逆に引っ張ってもらってここまできました」と感謝。織山も「最初は大昇しか味方がないんじゃないかってくらい怖かったけどみなさん優しくて、いろんなことを教えてくれる。グループでは踊ることが多いんですけど舞台で歌うのが新鮮」と目を輝かせた。

 また、腹違いの兄弟を演じる織山に岩崎は「少年忍者のなかでも一番関わりがあった。去年LAにも一緒に行かせてもらって絡むことが多かったので、一緒に決まった時に安心感あった。気張らず若干リラックスしてやれる、やりやすかった」と信頼。一方、グループメンバーの見学の話題では織山は「観に行くってのは聞いたけど、僕じゃなくて『大昇を観に行く』って。なんで俺じゃないの!?」と落胆。

 「でも大昇は歌うまいから仕方ない」としょげる織山に、コングは「“隠れ織”がいっぱいいるので探して」とフォロー。別所も「いいところで踊ってるので、探してもらいたい」と呼びかけると、織山は「みればわかります!ファンの方ならわかってくれるはず!」と期待。カンパニー一体となって取材を盛り上げていた。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング