なにわ男子、自ら演出した生配信ライブの全記録 “アイドルにできる事”を模索

オリコン

 関西ジャニーズJr.の人気グループ・なにわ男子が、13日放送のフジテレビ系『連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME』(毎週金曜 深夜1:20※関東ローカル)に出演。この夏、関西出身のジャニーズによって行われた生配信ライブプロジェクトの裏側に密着する。Episode4「まだ見ぬ僕らを探して」では、ホームグラウンド大阪・松竹座で自ら演出を手がけ、自粛期間で蓄えた力を出し切ったなにわ男子のステージの全記録が描かれる。

【予告動画】なにわ男子、無観客配信の裏に密着

 2020年1月には、デビュー前にも関わらず京セラドーム大阪でAぇ! group、Lil かんさいたちと共に、関西ジャニーズJr.として初の単独ライブを行い、3公演で13万5000人を動員。さらに、今秋からは初の全国ネットでの冠番組が決定した。そんな飛ぶ鳥を落とす勢いのなにわ男子だが、コロナ禍により3月に予定していた両国国技館ライブが中止になり、ドラマ撮影も延期に。

 道枝駿佑は「悔しいですね、コロナのせいでって考えたら」とつぶやく。西畑大吾は「あの時はマジで先が見えへんかった。暗闇の中を手探りで進んでいるような感覚だった」と当時を振り返った。

 そんなか行われることとなった無観客での生配信ライブは、これまでのように先輩に頼っていられない。自分たちで曲目や演出を模索するなか、ステージ衣装のデザインに少しずつ携わるようになったのが、最年少18歳の長尾謙杜。衣装の担当に、自分のイメージを遠慮がちに、しかししっかりと伝える姿があった。

 そして、最年長の藤原丈一郎は、後輩たちのコントライブの演出を担当。自身が得意とする笑いのスキルを存分に活かし、子どもたちに舞台の楽しさを伝えていく。ステージでの立ち振る舞いや声の出し方まで、具体的にアドバイスしていく。メンバー個々が輝けるフィールドで、着実に能力を伸ばしていた。藤原は「関ジャニ∞からジャニーズWEST、WESTから関西ジャニーズJr.へ。でも、関西ジャニーズJr.の中でも“縦のつながり”という伝統があると伝えていかないといけない」と力を込める。

 迎えたライブ本番。夏ソングメドレーでは、手持ちカメラで自らを映し360度回転するなど、臨場感を創出。公演のテーマは“ゼロ・ディスタンス”。画面越しでも至近距離で空間を共有し、観客全員が最前列で参加できる演出で、ファンを喜ばせた。「KAGUYA」(NEWS)は両国国技館で披露する予定だった楽曲。桜や水面をモチーフにしたきらびやかなセットを背景に、メンバーは和傘を使って幻想的な和の世界観を作り上げた。

 コロナ禍でエンターテインメントの存在意義が問われた今年。立ち止まる事を余儀なくされた彼らが「アイドルにできる事」を懸命に考え抜いた時間でもあった。西畑は「アイドルは誰にでも必要かと言われたら必要じゃないけど、必要としてくださる方がいるならば、僕たちはこれからも頑張っていかないといけない」と今後を見据える。7人が過ごしたかけがえのない、濃密なひと夏の記録が映し出される。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング