生田絵梨花ら『レ・ミゼラブル』カンパニーが『FNS歌謡祭』出演 視聴者と「民衆の歌」でバーチャルコラボ

オリコン

 来年5月から7月まで東京・帝国劇場で上演を予定しているミュージカル『レ・ミゼラブル』カンパニーが、12月9日放送のフジテレビ系『2020 FNS歌謡祭 第2夜』に出演。スタジオでは、佐藤隆紀、生田絵梨花、森公美子らカンパニーの面々と、視聴者から送られた映像が劇中歌「民衆の歌」でバーチャルコラボレーションする。

【写真】コゼットを演じた生田絵梨花

 1987年の日本初演以来、「愛」を主題に、全編を歌で奏でるミュージカル作品として支持され、来年には新型コロナ禍以降、初の上演を控える今作。人と人が集い、愛を語り合う、共に愛を歌う…。そんな当たり前だったことに制限が加わった現在、作品の舞台となった19世紀とは違い、現代は技術を駆使して、声や楽器で心を一つに「民衆の歌」を歌うことが出来るはず。

 「#民衆の歌を歌おう」と銘打ったこの一大プロジェクトではスタジオに、2019年公演からジャン・バルジャン役を務める佐藤、2017・2019年公演に、コゼット役として注目を集め、2021年公演ではエポニーヌ役に挑む生田や、1997年以来、マダム・テナルディエ役を演じ続ける森らの参加が予定されるなか、日本中に向けて、カンパニーと日本全国の人々で声を一つに「民衆の歌」を歌唱する。なお、映像の応募締め切りは20日までとなる。

■キャストコメント

<生田絵梨花>

たとえ不安や恐れの中でも、一緒に力強く歩んでいこうという皆のエネルギーを感じて、自分も立ち上がれる気持ちにさせてくれる歌です。
今だからこそ、こんな時代だからこそ、『民衆の歌』のFNS歌謡祭でのコラボを通して、大切な皆さんとつながることが出来るといいなと思います。
歌の心配や気恥ずかしさがある方もいらっしゃるかもしれないですが、皆さん一人一人の心が合わさったここでしか聞けない歌が一緒に作れたらうれしいです♪
私もエポニーヌを背負って初のカンパニー参加で緊張していますが、共に列に入れることを楽しみにしています!

<森 公美子>

このコロナ禍で、心が傷付いたり、いろんなことに困っている方がいらっしゃると思います。
是非この「#民衆の歌を歌おう」に参加してください。
みんなで同じ列になって、同じ気持ちで手を握り合って
いかにも手を握り合っているかのように、
この民衆の歌を歌って、前にどんどん進んでいこうじゃありませんか。

「列に入る」ということー
みんながみんな絆でつながってるんです。
このコロナの時こそ、みなさんで列に入って一緒に歌おうではありませんか。
是非参加をお待ちしております。

歌が苦手でも、声が出なくても、全然オッケーです!
気持ちを伝えたいんです。
私たちも、日本全国の皆さんと歌っていきたいと思います。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング