YOASOBI、楽曲「たぶん」の原作小説が実写映画化 Ayase「シンプルに感動」

オリコン

 コンポーザーのAyase、ボーカルのikuraからなる“小説を音楽にするユニット”YOASOBIが14日、都内で行われた映画『たぶん』の公開記念舞台あいさつに出席した。

【動画】YOASOBI・ikuraの恥ずかしいエピソードを語るAyase

 YOASOBIの楽曲「たぶん」の原作小説を実写映画化した同作は、3つのエピソードからなるオリジナルショートストーリー。Ayaseは「YOASOBIとしても初めての実写映画化。どうなるのか想像ができなかった」と振り返りながら「こんなすてきな表現方法があるのかと、シンプルに感動しました」と絶賛した。

 撮影現場に足を運んだというikuraは「個人的には(キャストの)小野莉奈ちゃんと中学時代からの幼なじみで親友。お友達から仕事の顔になる彼女を見て、個人的にウルウルしてました」。一方で小野は「正直、来ないでほしいと思っていた(笑)」と照れ笑いを浮かべつつ「感覚的には授業参観のような感覚でしたが、緊張と同時に安心もしました。貴重な体験ができました」と笑顔で話していた。

 舞台あいさつにはそのほか、木原瑠生、寄川歌太、吉田美月喜、めがね、糸川耀士郎が出席した。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング