演劇『ハイキュー!!』大阪公演、関係者発熱できょう15日の2公演中止

オリコン

 古舘春一氏の人気バレーボール漫画『ハイキュー!!』を舞台化したハイパープロジェクション演劇シリーズ10作目『「ハイキュー!!」“ゴミ捨て場の決戦”』の公式ツイッターで、公演関係者が発熱により、きょう15日の2公演を中止にすると発表された。

【動画】大迫力!進化する演劇『ハイキュー!!』の公開ゲネプロ

 ツイッターでは、「ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』“ゴミ捨て場の決戦” 大阪公演中止に関する重要なお知らせ」と題し、「本日11月15日(日)、公演関係者から発熱があった旨の連絡を受けました」と報告。「そのため製作委員会で協議をし、安全を期すため11月15日(日)の13時公演、18時公演を中止とさせていただきます。直前の公演中止となりましたことをお詫び申し上げます」と謝罪した。

 「当該の者はPCR検査を受診する予定です」とし、「11月21日(土)からの宮城公演につきましては、状況確認でき次第改めてご案内いたします」と伝えた。「中止になった公演はチケットの払い戻しを行います。払い戻し方法を決定次第、公式サイト・公式Twitterでご案内させていただきます。皆さまにはご心配、ご迷惑おかけいたしますことを重ねてお詫びすると共に、ご理解をいただきますよう何卒よろしくお願い申し上げます」としている。

 同演劇は2015年11月の初演から、“頂の景色”“烏野、復活!”“勝者と敗者”“進化の夏”“はじまりの巨人”“最強の場所チーム”“東京の陣”“飛翔”“最強の挑戦者(チャレンジャー)”と新作の上演を重ね、常に進化を続けている。

 本作は春高3日目・3回戦、永遠の宿敵である烏野高校と音駒高校の全国大会の勝負が描かれる。醍醐のほか、影山飛雄役の赤名竜之輔、孤爪研磨役の永田崇人、黒尾鉄朗役の近藤頌利らが出演している。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング