綾野剛、北川景子の演技に感じた“不意のかわいさ”「鍛錬がないと生まれない」

オリコン

 俳優の綾野剛(38)が主演し、女優の北川景子(34)と刑事役でバディを組む映画『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』が11月13日に公開を迎える。『パンク侍、斬られて候』(2018年)以来の共演となった2人が、本作でどのようなバディを作り上げていったのか。深川栄洋監督から“役者バカ”とたたえられた2人が、お互いに感じる役者としてのすごみについて聞いた。

【場面写真】北川景子が綾野剛の胸ぐらをつかむ緊迫あるシーン

 原作は中山七里氏のクライム・サスペンス小説。物語は、終末期の患者ばかりを襲う連続不審死事件が発生し、犬養隼人(綾野)と高千穂明日香(北川)が捜査に乗り出す。すると、依頼を受けて患者を安楽死させるドクター・デスと呼ばれる医師にたどり着く。ドクター・デスの目的と正体を追う、2人の刑事の挑戦が描かれる。

■監督が評した“役者バカ” お互いに感じるすごみとは?

 深川監督は「2人は全く違う考え方を持った役者ですが、2人とも強烈な役者バカだと思います」と独特の表現で綾野と北川への信頼を寄せている。“役者バカ”と評されたことに関して、綾野は「お互いさまです」と笑う。

 北川は「私は剛くんほどではないです」といい「(綾野を)見ていて、役のことしか考えていないと思います。プロモーションのときは綾野剛さんだけど、現場にいるときは、犬養さんっぽくもあったし、『パンク侍』のときも雰囲気が違いました」と役に入っているときのスイッチのすごさを感じるという。

 続けて「よく覚えているのですが『パンク侍』の舞台あいさつ前に、そのとき撮影していた作品の台本を読んでいたんです(笑)。舞台あいさつの直前まで読んでいて、しかも違う作品の台本を読む方は初めて見ました」と綾野のストイックさに驚くこともあった。

 対する綾野は「景子ちゃんほど前線に出続けている人はなかなかいない。ドラマで主役を続けるのは普通じゃないですよね。僕が知らない世界を知っていたり、世間様との対話を諦めないところに魅力を感じます。クールに見えるけど、かわいらしいところが沢山あり、チャーミング」と話す。

 本作には、焼き鳥を食べる犬養と髪をかきあげほろ酔いの高千穂が、本音や愚痴を居酒屋で語る場面が登場する。そのシーンで、綾野は北川の“チャーミングさ”を感じ取ったという。

 「北川さんは普段ほとんどお酒を飲まないですし、台本には絡み酒をすると書いてないんです。それでも、ほろ酔いの状態で犬養に絡んできたのは、いろんな偶然が重なった瞬間でもありました。でも、その偶然はなんとなく積み上げてきた人には絶対起きないもの。何もしないで何も考えていない人の偶然は、偶然とは言わない。あのときの偶然は、北川さんが培ってきたものが呼びよせているもので、僕はとても好きなシーンです。あのチャーミングな部分は、鍛錬がないと生まれない」と北川がこれまで経験したことを無駄にせず、たゆまぬ努力を続けているからこそ出たシーンだったと振り返る。

■信頼で作り上げたバディ「一緒に成長したところが見どころ」

 中山氏の原作は、アメリカの元医師で130人を安楽死させて「死の医師」と呼ばれた、ジャック・ケヴォーキアンがモデルとされている。見方によっては“安楽死”という言葉が注目ポイントにあがる可能性もあるが、2人はエンターテインメント作品として、ヒューマンドラマとしてこの作品を見てほしいと訴える。

 綾野は「安楽死を肯定するとか否定するとか、そういう定義ではなく『生きている』って無限ではなく有限。犬養も娘のことで、気持ちが揺れる瞬間や可能性もあり、それがすごく苦しかった。誰かは誰かの生を思って生きているのが魅力的だと、この作品から思いました」という。

 北川は「安楽死というテーマは人それぞれ考え方が違いますし、答えは出ない。見終わった方が、どのような感想を抱くのが気になります」と観客の反応を楽しみに待つ。「私たちは『こう見てほしい』というものはなく、どう感じるかが知りたい。犬養と高千穂は2人で壁を乗り越えて、一緒に成長したところが見どころです」と2人の人間の物語をポイントにあげる。

 綾野も北川も“信頼”という言葉で結ばれ、強固なバディを作り上げた。感情的になる場面もある犬養に対し、冷静で的確な判断をする高千穂。本作でしか見られない、2人の息のあった掛け合いと、周囲の人たちが織りなす人間ドラマに注目したい。

◆綾野剛(あやの・ごう)1982年1月26日生まれ 岐阜県出身
2003年俳優デビュー。ドラマ『空飛ぶ広報室』『コウノドリ』『MIU404』など多くの人気作に出演。『閉鎖病棟−それぞれの朝−』で「第43回日本アカデミー賞」優秀助演男優賞を受賞。公開待機作に主演を務める『ヤクザと家族 The Family』がある。

◆北川景子(きたがわ・けいこ)1986年8月22日生まれ 兵庫県出身
2003年『美少女戦士セーラームーン』で女優デビュー。ドラマ『謎解きはディナーのあとで』『家売るオンナ』、映画では『君の膵臓をたべたい』『スマホを落としただけなのに』など多数のヒット作品に出演。公開待機作に『約束のネバーランド』、主演作の『ファーストラヴ』がある。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング