乃木坂46 新センター山下美月「人生で1番の“まさか”」

オリコン

 アイドルグループ・乃木坂46の通算26枚目シングル(タイトル未定、来年1月27日発売)で初のセンターに起用された3期生の山下美月(21)が、選抜メンバー発表が行われた15日深夜のテレビ東京系『乃木坂工事中』(毎週日曜 深0:00)放送後、ブログを更新した。

【写真】まいやん卒コンで涙、涙…同期とのハグショットも

 「前を向く」と題したブログで「26枚目シングル センターを務めさせていただくことになりました。人生で1番の“まさか”が起こってしまいました」と報告。「まず最初にファンの皆様に心からの感謝をお伝えしたいです。いつも応援してくださり本当にありがとうございます。私自身が真ん中に立ちたいという想いを持っていた訳ではありませんが、温かいファンの皆様のおかげでアイドルとしての私が存在できています」と感謝の気持ちを伝えた。

 メンバーへの選抜発表は数ヶ月前に行われたそうで「選抜発表を受けてから数ヶ月の間、皆さんに何とお伝えすればいいかずっと考えていました。このブログも少しずつ紡いでいった言葉たちです」と胸中を吐露。「数分前に乃木坂工事中で呆然としている私のインタビューが流れていたと思います。正直何を話したか全く覚えていなくて、ただただ思考停止した頭から絞り出した言葉を並べていました。本当に時が止まってしまうことってあるんですね」と振り返り、「嬉しいとか不安とかよりも何が起こっているんだ? これからどうしよう…と抜け殻のようになっていました」と明かした。

 今作は、10月28日に白石麻衣が卒業後初のシングルかつ、10ヶ月ぶりのCDリリースで、2021年第1弾シングルともなる。「グループにとっていかに重要なタイミングであるかはもちろん重々承知の上です」とプレッシャーを感じながらも「どうか温かい気持ちで私たちと一緒にこれからの乃木坂を創ってくれませんでしょうか? 今の私たちには皆様のお力添えが本当に必要です」と乃木坂46ファンに伝えると、「今迎えている大きな壁も私を強くしてくれる試練だと思って頑張らせていただきますー!」と覚悟を決めた。

 本作の選抜メンバーは、白石麻衣卒業シングルの前作「しあわせの保護色」(3月発売)から3人減の19人。センターの山下の両隣を、同じく3期生の梅澤美波と久保史緒里が固める布陣となった。

 2016年9月に3期生として乃木坂46に加入した山下は、2018年10月号からファッション誌『CanCam』専属モデルに。19年4月期のテレビ東京系ドラマ『電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-』では萩原利久とW主演を務めるなど、ドラマ、映画などにも活躍の場を広げている。

■乃木坂46 26thシングル選抜メンバー&フォーメーション
3列目:新内眞衣、清宮レイ、田村真佑、星野みなみ、筒井あやめ、岩本蓮加、高山一実
2列目:松村沙友理、遠藤さくら、大園桃子、堀未央奈、与田祐希、賀喜遥香、秋元真夏
1列目:生田絵梨花、梅澤美波、山下美月、久保史緒里、齋藤飛鳥
※1~2列目=12福神

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング