高杉真宙、来年4月に独立「『裸一貫』からやってみたい」 事務所も「男の夢とロマンを応援」

オリコン

 俳優の高杉真宙(24)が16日、所属事務所のスウィートパワーの公式サイトで、来年4月11日をもって退所し独立することを発表した。

【写真】実物大の”バスターソード”を持ってキメ顔をする高杉真宙

 高杉は「2009年より11年間所属した株式会社スウィートパワーを、契約満了日の2021年4月11日をもって退所し、独立させていただくことをご報告いたします。13歳だった私をスカウトし、俳優として育ててくれたスウィートパワーですが『裸一貫』からやってみたいという私の希望に対して、温かく送り出してくださる運びとなりました。深く感謝しています」と報告。

 ファンや関係者に感謝の思いを伝え「恩返しの気持ちを胸に、今後も俳優として精進していく所存です」と決意を新たにした。

 事務所も「弊社は2009年に福岡で高杉真宙をスカウトした事をきっかけに、スパイスパワーを発足させ、初の男性タレントである高杉真宙と共にスパイスパワーも成長してまいりました。この程、高杉真宙より『裸一貫』から活動してみたいという想いの申し出があり、弊社としましても、その男の夢とロマンを応援していく所存でございます」とコメントした。

 高杉は2010年にデビュー、13年に出演した『仮面ライダー鎧武』の面ライダー龍玄/呉島光実役でブレイク。主な出演作は映画『十二人の死にたい子どもたち』『前田建設ファンタジー営業部』ドラマ『スミカスミレ』『セトウツミ』『賭けグルイ』『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』『私たちはどうかしている』など。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング