新型コロナ感染の銀河万丈が復帰へ 所属事務所「全快しました」

オリコン

 アニメ『北斗の拳』サウザー、『機動戦士ガンダム』ギレン・ザビなどの声で知られ、新型コロナウイルスに感染していた声優でナレーターの銀河万丈が所属する青二プロダクションは16日、銀河が全快したことを報告した。

銀河万丈のプロフィール

 サイトでは「11月5日に新型コロナウイルス感染症に対するPCR検査で陽性が確認され、行政機関、医療専門家の指導のもと治療を続けて参りました銀河万丈が、厚生労働省の基準を満たし、全快しました」と報告。

 「このたびは応援してくださっているファンの皆様、関係者の皆様に多大なるご心配とご迷惑をお掛けいたしましたこと、改めてお詫び申し上げます」とし「今後のお仕事に関しましては本人の体調を考慮しながら順次復帰させていく所存でございます」と伝えた。

 銀河は、『北斗の拳』や『機動戦士ガンダム』のほか、『装甲騎兵ボトムズ』ジャン・ポール・ロッチナ、『血界戦線』ギルベルト・F・アルトシュタイン、『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』ダニエル・J・ダービー、『タッチ』原田正平、『ONE PIECE』モーガンなどを担当。『開運!!なんでも鑑定団』(テレビ東京)『超潜入!リアルスコープハイパー』(フジテレビ)などでナレーションを務めている。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング