山口もえ、13歳子役に「グレたことないでしょう?」 “優等生”コメントにビックリ

オリコン

 タレントの山口もえ(43)、子役の熊谷俊輝(13)が16日、都内で行われた映画『家なき子 希望の歌声』(20日公開)のトークショーに出席した。

【写真】山口もえ、熊谷俊輝らソロカット

 同映画は、19世紀に発表された児童文学が原作。南フランスの農村で優しい母と幸せに暮らしていた少年・レミは、パリへ出稼ぎに出ていた義父によって旅芸人の親方・ヴィタリスに売り飛ばされてしまう。だが情の深いヴィタリスに歌の才能を見出され、犬のカピ、猿のジョリクールと親交を深めながら、レミは旅芸人としてあらゆる困難に立ち向かっていく。

 原作の大ファンという山口は、「フランスが大好きで、映画を見ていたら南フランスの香りがします。さまざまなキャラクターが出てきて、大人のフルコースを味わえるような作品。大人でも泣いてしまいます」と実写版にも太鼓判。

 主人公・レミの吹き替えを担当した熊谷は「自分の声が劇場に響くのは恥ずかしい」と照れながらも、「映像が美しくて、ストーリーにも感動しますし、初めて映画で泣きました。そしてラストシーンには笑顔になるような、そういうところにすごい感動しました」と、大人顔負けのコメントでアピールした。

 その様子を温かく見守っていた山口は「私の子どもと同い年なんです」と明かすと「どうやったらこんな子に育つんでしょう。後で(熊谷の)お母さんに聞こうと思います」と目を細め、「グレたりしたことないでしょう? お母さんを『ババア』って呼んだりしない?」と振ると、熊谷は「今のところないです」と笑っていた。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング