中村泰士、肝がんで治療中と公表 10月初旬に判明、所属事務所「転移はなく、経過は良好」

オリコン

 楽曲「喝采」「北酒場」で日本レコード大賞を受賞した、作詞作曲家で歌手の中村泰士(81)が16日、自身のSNSを通じて、肝がんの治療中であると公表した。今後は治療を受けながら、歌手活動、創作活動を続けていく。

【写真】昨年は…80歳でパワフルなステージを披露していた中村泰士

 所属事務所によると、中村は9月末ごろ体調不良を訴え、10月初旬に大阪市立大学医学部附属病院で検査を受けたところ肝臓に腫瘍があることが判明。その後に入院し、約2週間、抗がん剤による治療を受けた。転移はなく、経過は良好という。

 中村は「時代、ジャンルを越えたGentle(穏やか)、Gold(輝く)、Great(優れた)な楽曲を『G POP』として歌い継いで行く活動に、残りの音楽人生を捧げる」と公言。YouTubeに『G POPチャンネル』も開設し、そのモチーフに基づいた新曲を発表している。

 11月14日にはビルボードライブ大阪で『G POPナイト!』と題したワンマンライブ2ステージを開催。ライブでは、ギター弾き語りによる「喝采」などヒット曲や、元号が令和に変わったことを記念して作ったという新曲「新時代」、「一本の鉛筆」など14曲を披露し、ファンに元気な歌声を届けた。

 今年はコロナ禍で、予定していたライブ活動の多くが中止を余儀なくされたが、その分、創作活動に集中できたという。今月11日には漫才のオール阪神・巨人の結成45周年を記念し、2人に提供した楽曲「誠!!浪速の晴れ姿」が配信リリースされる。

 中村は1939年5月21日生まれ、奈良県出身。歌手としてデビューした後、1968年に佐川満男の「今は幸せかい」で作曲家デビュー。ちあきなおみ「喝采」、細川たかし「北酒場」「心のこり」、桜田淳子「わたしの青い鳥」、いしだあゆみ「砂漠のような東京で」など、数多くの作品を手掛けている。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング