【鎌倉殿の13人】中川大志、“武士の鑑”畠山重忠役で出演 「ようやく戦える!とワクワク」

オリコン

 2022年大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(作:三谷幸喜)の第一次出演者発表の2日目となる17日、俳優の中川大志(東京都出身)が、武士の鑑と言われた鎌倉幕府の若手御家人筆頭・畠山重忠(はたけやま・しげただ)役で出演することが明らかになった。大河ドラマは三谷作品でもある『真田丸』(2016年)以来、計4回目。

【画像】『鎌倉殿の13人』11月16日時点の相関図

 中川は「畠山重忠と名前を聞いてもあまりピンと来ず、馴染みのない武将だったので、初めて知ることばかりで、楽しく勉強しています。知勇兼備で武士の鑑とも呼ばれた男ということで、大河ドラマであまり戦に参加したことのない僕は、ようやく戦えるのか!とワクワクしています…。そのあたりの準備もしっかりとしていきたいです」とコメントしている。

 子役でデビューしてから、22歳にして大河ドラマは4作目。『江〜姫たちの戦国〜』(11年)、『平清盛』(12年)では源頼朝の少年時代を演じた。

 「大河ドラマという場所に、初めて立たせていただいたのは中学1年生のときでした。着物を着て、カツラをかぶり、スタジオに初めて入ったときの緊張、匂い、温度、今でも鮮明に思い出せます。それからたくさんの、忘れられない特別な瞬間を大河ドラマという世界の中で過ごさせていただきました。俳優としての僕の血となり肉となり、なにより骨になっていると思います」と話す。

 『真田丸』での豊臣秀頼役では、鮮烈な印象を残した。「『真田丸』を終えた後に、現場ではほとんどお会いできなかった三谷さんと、少しだけお電話でお話する機会があり、その時に『またいつかご一緒したいです』と想いを伝えさせていただき、自分自身も、また戻ってきたい、そのためにもっと大きくなろうと、決意しました。三谷さんの作品で、大河ドラマにまた立てること、何よりうれしいです。身が引き締まります」と、話していた。

 『鎌倉殿の13人』では、16日からの5日間で第一次出演者発表を行い、小栗旬演じる北条義時を中心とした最初の相関図を完成させる、としている。初日の16日には、北条政子役に小池栄子、北条宗時役の片岡愛之助、平清盛役の松平健、そして、比企能員役の佐藤二朗が発表された。

■概要
 華やかな源平合戦、その後の鎌倉幕府誕生を背景に権力の座を巡る男たち女たちの駆け引き──源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男 二代執権・北条義時。野心とは無縁だった若者は、いかにして武士の頂点に上り詰めたのか。新都鎌倉を舞台に繰り広げられる、パワーゲーム。義時は、どんなカードを切っていくのか──。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング