【鎌倉殿の13人】野添義弘、“13人”の一人・安達盛長役で出演「大河のレギュラーは憧れ」

オリコン

 2022年大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(作:三谷幸喜)の第一次出演者発表の2日目となる17日、俳優の野添義弘(大阪府出身)が、“13人”の一人、頼朝の従者・安達盛長(あだち・もりなが)役で出演することが明らかになった。大河ドラマは5回目の出演となる。

【画像】2022年大河ドラマ『鎌倉殿の13人』相関図

 野添はこれまでに、『新選組!』(2004年)、『西郷どん』(18年)、『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』(19年)、『麒麟がくる』(20年)に出演するも、いずれも“レギュラー”ではない役どころを担ってきたため、「大河ドラマでのレギュラー出演は役者としての憧れでしたので、今回出演させていただけることになり、とてもありがたく、幸せに思います」と、コメント。

 『鎌倉殿の13人』で演じる安達盛長は「頼朝の流人時代から仕えてきた最古参の御家人なのですが、13人の中でも郎党という異色の存在。頼朝のために奔走し人生を捧げ、頼朝が最も信頼し本音を語れる人物という印象です」。

 三谷作品は『新選組!』に一度出ているが、「どの作品も斬新かつ繊細でそれぞれに違った面白さがあり、出演している俳優さんを羨ましく思い、指をくわえて見ていました。今回、三谷さんが描かれる作品なので、老練で寡黙ながらも面白味のある、安達盛長を演じることができればと思います」と、意気込んでいる。

 主演の小栗旬をはじめ、続々と発表されている共演者に対して、「とにかく素晴らしい方々ばかりなので、緊張感がとんでもないです。が、しかし、良い刺激をいただきながら頑張りたいと思います。松平健さん、佐藤二朗さんとは舞台で共演させていただいておりますので、この作品でも緊張感を持ちながらも楽しくできればと思っています」と、話している。

 『鎌倉殿の13人』では、16日からの5日間で第一次出演者発表を行い、小栗演じる北条義時を中心とした最初の相関図を完成させる、としている。初日の16日には、北条政子役に小池栄子、北条宗時役の片岡愛之助、平清盛役の松平健、そして、比企能員役の佐藤二朗が発表された。

■概要
 華やかな源平合戦、その後の鎌倉幕府誕生を背景に権力の座を巡る男たち女たちの駆け引き──源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男 二代執権・北条義時。野心とは無縁だった若者は、いかにして武士の頂点に上り詰めたのか。新都鎌倉を舞台に繰り広げられる、パワーゲーム。義時は、どんなカードを切っていくのか──。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング